2018年はイヌの年!笑いあり、絆あり、涙ありなオススメ「犬映画」11選

2018年は戌年! 愛犬と一緒に家族で、あるいはカップルで、もちろん猫派の人も、初笑い&感動初めに犬映画はいかが? 胸が“ドッグドッグ”高鳴る、“ワン”ダフルなおすすめ犬映画11選をご紹介!

最新ニュース
『僕のワンダフル・ライフ』(c) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『僕のワンダフル・ライフ』(c) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『僕のワンダフル・ライフ』 (C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
  • 『僕のワンダフル・ライフ』(c) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『HACHI 約束の犬』 (C) Hachiko,LLC
  • 『HACHI 約束の犬』 (C) Hachiko,LLC
  • 『HACHI 約束の犬』 (C) Hachiko,LLC
  • 『アイ・アム・レジェンド』 (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『アイ・アム・レジェンド』 (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
2018年は戌年! 愛犬と一緒に家族で、あるいはカップルで、もちろん猫派の人も、初笑い&感動初めに犬映画はいかが? 胸が“ドッグドッグ”高鳴る、“ワン”ダフルなおすすめ犬映画11選をご紹介!



★僕の“犬ゴコロ”に気づいて!『僕のワンダフル・ライフ』(2017)



『僕のワンダフル・ライフ』(c) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.『僕のワンダフル・ライフ』(c) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
『ギルバート・グレイブ』『ショコラ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』に連なる“ドッグシリーズ”の集大成。ゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと、4つの“犬生”を生きる主人公ベイリー。自分の命を救ってくれた“最愛の人”イーサンにもう一度出会うために、その魂は何度でも生まれ変わる。そんなベイリーの一途な愛と、人間よりも先にやってくるお別れには号泣必至。犬目線で描かれる、イーサンをはじめとする飼い主たちの“生態”と成長も見どころ。

『僕のワンダフル・ライフ』は全国にて順次公開中、2018年3月7日(水)よりブルーレイ&DVDリリース開始。

★ハルストレム監督の初期の傑作『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』(1985)



『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』- (C) APOLLO『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』- (C) APOLLO
ラッセ・ハルストレム監督が世界的に注目されるきっかけになった感動のヒューマンドラマ。アカデミー賞監督賞、脚色賞にノミネートされた。舞台は、1950年代のスウェーデン、犬を乗せたソ連の「スプートニク」が宇宙へ飛び立ったころ。12歳のイングマル少年は病気がちの母、いじわるな兄、そして愛犬のシッカンと暮らしていたが、やがて母の病状が悪化、イングマルは叔父さん一家が住む田舎へと引き取られることに。村人たちとの交流と、時に残酷な現実に直面し、成長していく少年の姿が胸を打つ傑作。

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』DVD【HDマスター】は発売中。

★あのハチ公の物語にハリウッドが涙した『HACHI 約束の犬』(2009)



『HACHI 約束の犬』 (C) Hachiko,LLC『HACHI 約束の犬』 (C) Hachiko,LLC
日本人なら誰もが知る、亡き飼い主を駅前で待ち続けた忠犬ハチ公の物語。脚本を読んで感涙したリチャード・ギアが主演とともに製作として参加。1987年には日本でも『ハチ公物語』として映画化された。寒い冬の夜、迷子の秋田犬を拾い、「ハチ」と名付けて飼い始めた大学教授のパーカー。いつからか、ハチは夕方5時になると、帰宅するパーカーを駅で出迎えることが日課となっていく。ある日、パーカーは大学で倒れ、そのまま帰らぬ人に。それでもハチは駅で彼の帰りを待ち続け…。

『HACHI 約束の犬』ブルーレイ&DVDは発売中。

★ウィル・スミスが“地球最後の男”に『アイ・アム・レジェンド』(2007)



『アイ・アム・レジェンド』 (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.『アイ・アム・レジェンド』(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
Netflix映画『ブライト』が好評のウィル・スミス主演によるSFアクション。人類が絶滅した近未来、荒れ果てたニューヨークで科学者のロバートは愛犬サムと“ふたりぼっち”。無線で毎日メッセージを流し続けているが、ほかの生存者からの返答はない。蔓延したウイルスを食い止めるため、彼の探究は続くが…。原作はリチャード・マシスンの名作小説「地球最後の男」。やがて待ち受ける“相棒”との別れには、涙が止まらない。

『アイ・アム・レジェンド』ブルーレイ&DVDは発売中。

★サイモン・ペッグ×伝説のコメディスター『ミラクル・ニール!』(2016)



『ミラクル・ニール』 (C) 2015 Anything Absolutely Ltd All Rights Reserved『ミラクル・ニール』(C) 2015 Anything Absolutely Ltd All Rights Reserved
サイモン・ペッグが主演、コメディ界のビートルズと呼ばれる「モンティ・パイソン」のテリー・ジョーンズが監督を務めたエイリアン・コメディ。地球滅亡を企むエイリアンたちに選ばれ、右手を振るだけで何でも願いが叶うミラクルパワーを手に入れた超テキトー男・ニール。そのパワーで喋れるようになった愛犬デニスと地球を救う…より、好きな女性を振り向かせるためにそのパワーを使う!? 愛犬の声を務める、故ロビン・ウィリアムズのマシンガントークに初笑い!

『ミラクル・ニール!』ブルーレイ&DVDは発売中。

★ジム・キャリー&キャメロン・ディアスの出世作!『マスク』(1994)



『マスク』- (C) APOLLOマスク』- (C) APOLLO
主演のジム・キャリー、映画初出演のキャメロン・ディアスを一躍スターダムにのし上げた大ヒットSFコメディ。ある日、不思議な仮面を拾ったイケてない銀行マン・スタンリーが、何気なくそのマスクを着けてみると、緑の怪人<マスク>に変身! 普段のスタンリーとは全く正反対のイケイケキャラとなり、ひと目惚れした女の子にも猛烈アプローチ、次々と大騒動を巻き起こしていく。スタンリーの超絶キュートな愛犬マイロが、マスクを着けてしまうシーンは必見!

『マスク』DVDは発売中。

★“スパゲッティ”キスがロマンティック『わんわん物語』(1955)



『わんわん物語』 (C) APOLLO『わんわん物語』 (C) APOLLO
犬好きとして知られたウォルト・ディズニーが、人間の最良の友=犬たちの世界を描き、同時に犬の目を通して人間の姿を描いたディズニー動物アニメーションの名作。主人公はコッカースパニエルの箱入り娘レディと、仲間たちの人気と信頼を集める野良犬トランプ。生まれも育ちもまったく違う2匹が出会い、“身分を越えた恋”に落ちる! 中でも1本のスパゲッティを食べながらのキスは、アニメーションのみならず映画史に残る名シーンといわれるほどロマンティック。

『わんわん物語 ダイアモンド・コレクション』は発売中。


★伝説の殺し屋、復活のカギは愛犬!?『ジョン・ウィック』シリーズ(2015/2017)



『ジョン・ウィック』(C) Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Lee『ジョン・ウィック』(C) Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C) David Lee
キアヌ・リーブスがキレキレの銃+カンフーのアクション“ガン・フー”を見せ、「完全復活」といわれた大ヒット作。足を洗い、平穏な日々を送っていた伝説の殺し屋ジョン・ウィックは、ある日、彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震えた彼は、復讐のために独り立ち上がる! その第2弾『チャプター2』でも命を狙われるが、愛犬とともに逃げのびる。だが、今度は全世界の殺し屋からターゲットにされてしまうことに!

『ジョン・ウィック:チャプター2』ブルーレイ&DVDは2018年1月10日(水)発売開始、『ジョン・ウィック』ブルーレイ&DVDは発売中。

そして、気になる2018年“戌年”公開の注目“犬映画”は…

★マナーを重んじる英国スパイが帰還!『キングスマン:ゴールデン・サークル』



『キングスマン:ゴールデン・サークル』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation『キングスマン:ゴールデン・サークル』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
マシュー・ヴォーン監督が贈る、“秒でアガる”超過激スパイアクションの続編。表の顔は高級テーラー、その実態はスパイ組織の“キングスマン”。ハリー(コリン・ファース)亡き後、謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃により“キングスマン”は壊滅。エグジー(タロン・エドガートン)はコテコテにアメリカンな同盟スパイ組織“ステイツマン”に協力を仰ぐことに。前作で、ストリートキッズだったエグジーのスパイ訓練のパートナーとなったのはパグのJB。今回は、ゴールデン・サークルの危険すぎるボス・ポピー(ジュリアン・ムーア)の“ロボット愛犬”にもご注目!

『キングスマン:ゴールデン・サークル』は1月5日(金)より公開、『キングスマン』ブルーレイ&DVDは発売中。

★RAD野田洋次郎ほか超豪華声優陣が参加『犬ヶ島』



『犬ヶ島』『犬ヶ島』
『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督最新作。日本を舞台に、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描き出す。ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグらハリウッド俳優に加え、「RADWIMPS」の野田洋次郎、夏木マリ、オノ・ヨーコらが声の出演を果たす。2月15日(現地時間)より開催される第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、オープニング作品として上映される。

『犬ヶ島』は2018年春、日本を含む全世界にて公開。

★エマ・ストーンがディズニーヴィランに!?『クルエラ』(原題)


エマ・ストーン-(C)Getty Imagesエマ・ストーン-(C)Getty Images
ディズニー・アニメーション『101匹わんちゃん』(1961)に登場するクルエラ・デ・ヴィルを、『ラ・ラ・ランド』でオスカーを獲得したエマ・ストーンが演じる実写作品が製作中。ベテラン女優グレン・クローズが同役を演じた実写版『101』(1996)、『102』(2000)とは異なり、クルエラが異常なまでにダルメシアンにこだわる人物になってしまった、その経緯を描く物語となる模様。監督にはAmazonオリジナル「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のアレックス・ティンバースが抜擢。詳細を楽しみにしていて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top