仲里依紗が熱血プ女子に! 大泉洋&大谷亮平ら追加キャスト決定『パパはわるものチャンピオン』

大ヒット絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」(岩崎書店刊)を、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至主演

映画
『パパはわるものチャンピオン』(C) 2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
  • 『パパはわるものチャンピオン』(C) 2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
  • 『パパはわるものチャンピオン』(C) 2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
大ヒット絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」(岩崎書店刊)を、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至主演で映画化する『パパはわるものチャンピオン』。この度、木村佳乃や寺田心に続き、仲里依紗、大泉洋、大谷亮平、寺脇康文らの出演が決定した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

悪役レスラー・ゴキブリマスクを職業とするパパ・孝志役を、本作が初の全国公開映画主演となる棚橋さんが演じるほか、妻・詩織役木村さん、パパの本当の仕事を知ってショックを受ける息子・祥太役を、人気子役の心くんが演じる本作。

今回この感動ファミリードラマをより盛り上げるキャストが発表! 無類のプロレス好きであり、その熱い思いを編集者として世の中に届けようと奮闘する大場ミチコ役を、現在放送中のドラマ「ホリデイラブ」で主演を務める仲里依紗。彼女の上司である編集長役を、『探偵はBARにいる』シリーズや主演作『恋は雨上がりのように』の公開を控える大泉洋。治療院の医師・大友役を、「逃げるは恥だが役に立つ」で大ブレイクを果たした大谷亮平。そして、孝志が所属するプロレス団体ライオンプロレスの社長・本田功役に、絶大な集客力を誇る演劇ユニット「地球ゴージャス」を率いる寺脇康文が演じる。

仲さんは、今回の役どころについて「ミチコは本当に一生懸命で、プロレスのことなら誰にも負けないくらいの熱い思いを持っている女の子」と話し、楽しく演じられたとコメント。共演の心くんともすぐに仲良くなれたようで、「最後は作品やお芝居の話など、結構大人な会話もしつつ、『夏休みどこ行ったの?』って子どもらしい会話もできました」と撮影での様子を明かす。

大泉さんは、「衣裳がきれいでおしゃれな服だったんですけど、もう少し汚い方がいいんじゃないかと撮影までにお願いしたのですが、まさか自分もここまでラフになると思っていなくて、ちょっと汚すぎたなという反省点があります(笑)」と当初の予定とは違う衣装になったと話し、またついつい癖のある男にしたくなってしまうと言う大泉さんは、「セリフも含めて好き勝手にやらせて頂きました(笑)。監督もおおらかに受け入れてくださってありがたかったです。役名も“編集長”だけだったんですけど、途中で監督が森岡たくじという名前を付けてくれました。本当に好き勝手やっているので、出来上がった作品を見たときにがっかりしないか少し心配ですが、楽しくやらせてもらいました」と期待を煽るコメントを残した。

孝志との関係性について、「いいときも悪いときも一緒に歩んできたというか、心と体のケアをずっとしてきた親友でもあります」と話す大谷さんは、「棚橋さんは現役のプロレスラーの方と言うことで、すごい威圧感があったり圧倒されたりするのかなと思っていたら、すごく雰囲気のやわらかい方でした」と印象を明かし、寺脇さんは「このお話は本当にいいお話なのですが、エンターテイナーたちが、自分たちの本業(プロレス)を使った映画で、何から何まで本物の中でストーリーが見られるということで、僕は自分が出演した云々と言うよりは、いちファンとして、どのような作品になるのか、できあがりを楽しみにしています」と語っている。

そのほか、大場ミチコと共に働く編集仲間役に、松本享恭と川添野愛。祥太が想いを寄せる可愛いクラスメイトの父親役を淵上泰史が扮する。

『パパはわるものチャンピオン』は2018年9月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top