アカデミー賞はこうして決まる!授賞式前に知っておきたいトリビア

2020年2月9日(現地時間)に発表される第91回アカデミー賞。賞レースの本格化を前に、簡単にアカデミー賞についておさらいしてみよう。

最新ニュース ゴシップ
アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
2020年2月9日(現地時間)に発表される第92回アカデミー賞。賞レースの本格化を前に、簡単にアカデミー賞についておさらいしてみよう。

<目次>2019.10.31更新
●受賞スピーチは時間との戦い
●発表まで管理するのは?
●会員はどんな構成?
●誰が決める?
●対象となる作品は?



対象となる作品は?


長編映画に関しては、前年の1月1日から12月31日の間に、ロサンゼルス郡内の商業映画館で1日3回以上の上映回数で1週間以上連続して有料上映された40分以上の35ミリか70ミリ、あるいは指定のデジタル・フォーマットの実写、アニメーション、またはドキュメンタリー作品。劇場公開前にテレビ放映やネット配信、ビデオ発売されているものは対象にならない。

外国語映画賞は今回から「国際長編映画賞」に名称変更された。映画製作のグローバル化が進む中で「外国語」という表現は時代にそぐわないという判断から、よりポジティブで包括的なイメージを与える名称に変わったが、対象作についてのルールに変更はない。候補については、アメリカ国内での上映は必須ではなく、製作国で7日間以上連続の商業上映されていることが出品条件。英語以外の言語が大半を占める作品ならば、アニメーションやドキュメンタリーの長編も同賞の選考対象になり、今回の日本代表は新海誠監督の『天気の子』がエントリーしている。

長編アニメーションは通常のルールに加えて、主要キャラクターがアニメーションであること、上映時間の75パーセント以上がアニメであることなども条件になる。ドキュメンタリー、短編映画についても、長編映画と異なるルールが設置されている。

またメイクアップ&ヘアスタイリング部門は候補者数が3人から5人に増やされた。

アカデミー賞-(C)Getty Images


誰が決める?


映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の会員による無記名投票で決定する。会員は劇場公開される長編映画の製作に携わるプロのアーティストたち。俳優、脚本家など、各分野にわたって17支部に分かれている。各賞は、それぞれ該当する部門のプロフェッショナル(俳優部門は俳優、編集部門は編集者)が投票する。製作・監督・俳優などを兼任する場合、1人で複数の支部に入ることはできず、無所属(Members At Large)という扱いになる。作品賞はすべての会員に投票権があり、2017年4月のルール改正で、長編アニメ部門も全会員が投票することとなった。

第92回アカデミー賞ノミネーションは来年1月13日(現地時間)に発表、最終投票は1月30日午前8時(現地時間)に開始され、2月4日午後5時に締め切られる。

アカデミー賞-(C)Getty Images


会員はどんな構成?


ハリウッドの映画賞レース予想サイト「GOLDDERBY」によると、2017年の時点で投票資格のある会員は7,258名。俳優部門が1,218名と最多数で、短編及び長編アニメ部門(565名)、プロデューサー部門(524名)、監督部門(512名)が続く。現在は8,000名近くになっているという。

ちなみに2016年、AMPASは白人男性が圧倒的多数だった会員構成の見直しにとりかかり、女性やアフリカ系などマイノリティの会員数を2020年までに2倍にすると発表。会員候補として2019年には59カ国から842名が招待され、うち50パーセントは女性、29パーセントは非白人で、レディー・ガガやアデル、トム・ホランド、クレア・フォイ、ジェマ・チャン、アレクサンダー・スカルスガルド、タムリン・トミタ、日本からは大友克洋、押井守、『未来のミライ』の齋藤優一郎プロデューサー、撮影監督の佐光朗(『亜人』)、装飾の松葉明子(『万引き家族』)らも含まれている。


発表まで管理するのは?


大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)。投票結果を知っているのは、授賞式当日までは同事務所の担当2人だけ。

2017年には担当者が封筒を渡しまちがえて、作品賞受賞作が『ラ・ラ・ランド』と発表された直後に『ムーンライト』だと訂正される大失態が発生。授賞式のクライマックスで大混乱を引き起こした2人は今後授賞式の任務に関わることはないと発表された。

アカデミー賞-(C)Getty Images


受賞スピーチは時間との戦い


原則として45秒以内という規定があるものの、喜びを爆発させて時間内に収まりきらないこともしばしば発生。45秒を過ぎると、バンドが退場を促すように演奏を始めるが、スターたちは無視して話し続ける強者も少なくない。

史上最長、約5分30秒という記録の持ち主は1943年(第15回)、『ミニヴァー夫人』で主演女優賞を受賞したグリア・ガースン。ちなみに最短記録は54年(第26回)に主演男優賞受賞のウィリアム・ホールデン(『第十七捕虜収容所』)と68年(第40回)にアーヴィング・G・タルバーグ賞を受賞したアルフレッド・ヒッチコックの45秒。ホールデンは「ありがとう(Thank you)」を2度繰り返し、ヒッチコックはもう一言「本当に(Very much indeed)」と付け加えるシンプルな挨拶だった。

アカデミー賞-(C)Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

特集

関連記事

特集

page top