平野紫耀演じる晴が“ヘタレ返上”…視聴者たちが沸いた!「花のち晴れ」第8話

「花より男子」から10年後を描いた「花のち晴れ~花男 Next Season~」もいよいよ佳境に突入。6月5日に放送された第8話ではこれまでの“ヘタレ”から一転、男らしさをみせた晴に「かっこいいよー」「いつこんなに大人になったの?」などの反応が相次いだ。

最新ニュース スクープ
「花のち晴れ~花男 Next Season~」(C)TBS
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(C)TBS
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(C)TBS
「花より男子」から10年後を描いた「花のち晴れ~花男 Next Season~」もいよいよ佳境に突入。6月5日に放送された第8話ではこれまでの“ヘタレ”から一転、男らしさをみせた晴に「かっこいいよー」「いつこんなに大人になったの?」などの反応が相次いだ。

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園の栄光を取り戻すため「F4」をめざし結成された学園のカリスマ「C5」。「C5」を率いる神楽木晴(平野紫耀)が“隠れ庶民”江戸川音(杉咲花)に恋をしてしまったことから、音の婚約者でライバル校・桃乃園学院の生徒会長、馳天馬(中川大志)、大財閥の令嬢で人気モデルの“メグリン”西留めぐみ(飯豊まりえ)を交えた“四角関係”が勃発。その恋愛には資産家ゆえの“親の介入”もあって、思うようには進まず…という展開の本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
第8話では桃乃園への転校を撤回した音が、晴と友人として向き合うことを決意。晴もメグリンを「彼女(仮)」と認めそれぞれ素敵なカップルになろうと誓い合うのだが、音と晴の関係を快く思わない天馬の継母・利恵(高岡早紀)は馳&江戸川両家の食事会をセッティング。天馬の父がそこで音が婚約者にふさわしいか見定めることに。同じ日に開かれるメグリンの誕生会を欠席し食事会に行くことになった音だが、誕生会に爆破予告が。その犯人が誰か気付いた音は食事会に行かず学校に戻り、すんでのところでメグリンと晴を救う。晴は音とともに食事会に向かい天馬の両親に謝罪。その姿に天馬は悔しそうな顏を見せる。そして晴は音を振り切るようにメグリンを抱きしめ「めぐみ」と下の名前で呼ぶのだった…というストーリーが展開。

これまで“ヘタレ”キャラだった晴が今回ついに“男らしく”音を守る姿をみせたことに「漢だわ神楽木」「え、いつ神楽木こんなに大人になったの?」「はるとー!!!かっこいいよー!!!!」などといった視聴者の声が相次ぐ。

このまま晴はメグリンと、音は天馬と結ばれそうな展開なのだが、一方で次回予告では「俺は江戸川を諦めない」という晴のセリフも。

「ええもう何この展開」「あ、あ、あ、天馬が、あ、あ、どうなる」「え、待って どうなるの…?!」など今後の展開に対する不安や期待が入り混じった反応も多数見受けられた。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top