荒巻全紀&木村知貴ら個性派俳優が集結!『菊とギロチン』

映画

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
  • 『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
大正末期、関東大震災直後の日本を舞台に、“女相撲”を描く瀬々敬久監督作『菊とギロチン』。本作には、きっと“次にくる”個性派俳優たちが集結している。そこで今回、そんな注目の彼らの写真&コメントと共に紹介。

>>『菊とギロチン』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリー。今回紹介する注目キャストは、東出昌大演じるリーダー・中濱鐡、その盟友・古田大次郎(寛一郎)と共に登場する「ギロチン社」のメンバー8人を演じる若手俳優たち。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎

■演劇ファンも唸った! 荒巻全紀/倉地啓司役


2014年に上演された青山真治監督演出の舞台「ワーニャおじさん」でワーニャを演じ、演劇ファンを唸らせた荒巻全紀。今作で演じるのは、倉地啓司。荒巻さんは「かれらもおれも、喧嘩にはよおく負けた。力もなけりゃ金もねえからな! でも生きた! 高品質なエサだらけの、家畜が生き延びるためには最適なこの時代じゃあ搾乳機が取り付いてることにも気づけね。え、それはもう殺されてんのと同じだ! 生きろ!」と力強いコメントを寄せている。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
また、10月公開予定の大森立嗣監督作『日日是好日』にも出演しており、こちらでは今作とはまた違った顔を見せているので、こちらも要チェックだ。

■昨年は主演作も公開! 池田良/河合康左右役


橋口亮輔監督『恋人たち』にて、親友への想いを胸に秘めた弁護士・四ノ宮役を演じ注目される池田良。「相棒 season16」第4話へも出演を果たし、昨年は主演作『三つの光』が公開された。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
「ギロチン社の奴らとつるんでいる事が心から楽しかった」とふり返る池田さんは、「自分は、集団の中で居場所なく生きてきたので、仲間と一緒に、革命とか、映画とか、やるってのは幸せなんだと作品に教えて貰った。ギロチンの部分が、スピンオフして、あのヒリつく日々が戻ってきたらいい」と話している。

■“いま最も若手監督に愛される俳優”木村知貴/仲喜一役


『息衝く』(木村文洋監督)、『世界を変えなかった不確かな罪』(奥田裕介監督)、『枝葉のこと』(二ノ宮隆太郎監督)『犬猿』(吉田恵輔監督)などに出演し、“いま最も若手監督に愛される俳優”の木村知貴。また、2016年にはなんと出演作を集めた「木村知貴映画祭」も開催されている。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
木村さんは、「仲良しこよしの集まりなんかじゃなく、腹に一物抱えた野郎共が社会に抗った。何をやってもうまくいかず、肝心な時にヘマをやらかすギロチン社。でもコイツらは動いた。動いたんだ! やり方はどうあれ行動に移したんだ! それに引き換えお前はどうだ? と彼らが問う。やってやろーじゃねーか!」と熱く呼びかけている。

■多くの瀬々監督作に出演、飯田芳/小川義雄役


瀬々監督作『64-ロクヨン-』『なりゆきな魂、』『8年越しの花嫁』『友罪』に出演し、ほかにも世界各国で絶賛された鈴木洋平監督作『丸』に主演、『AMY SAID エイミー・セッド』では、村上淳の共演も印象的だった飯田芳。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
「どうかご覧いただきたい」と切に願う飯田さんは、「東出昌大さん演じる、中濱鐡が、彼は歴史上の人物で大正時代の詩人です。きっと私がその頃生きていたら間違いなく中濱に傾倒しきっていたんだと思うんですが、とにかく彼の詩は『強く生きなさい』ってひたすらに語っているんです。もうずっと前から瀬々監督はこのモチーフを描きたいと著書でも語っています。念願の映画です。私も参加させていただき光栄です」と出演を果たした想いを語っている。

■デビュー作『恋の罪』から注目を集める小林竜樹/田中勇之進役


デビュー作、園子温監督『恋の罪』のエキセントリックなカオル役で注目を集め、太賀主演作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』、「植物男子ベランダー」などに出演する小林竜樹。彼は、「十代、二十代の若者が各々の描く“理想の国家”を創るため、全力で駆け抜けた。と、だけ言えば聞こえも良いが、金もない、さほど理論もない。ゆえに計画性も杜撰である。自堕落な生活を繰り返し、只々、ひとつ屋根の下で暮らす事が、家族のように暮らす事が、幸せだった。そこにいれば、息ができた。彼らは間違いなく、生きていたのだ! 時代に翻弄され続けるギロチン社に、現代の我々を重ねずに見逃すことが出来るだろうか」と問いかけている。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎

■海外の映画祭でも高く評価! 小水たいが/小西次郎役


兄・こみずとうたが主演に抜擢された『朱花の月』(河瀬直美監督)で映画初出演を果たし、初主演を務めた『蜃気楼の舟』では、海外の映画祭でも高く評価された小水たいが。「『強いとか弱いとか、賢いとか馬鹿とか、金持ちだ貧乏だ…知るか! と、もがいてあがいて叫ぶんだと戦うんだとそれを生きるっていうんだぞと』との彼らの問いかけに俺は言う。『馬鹿野郎! おれも生きてる! 生きている!』」と彼もまた熱いコメントを寄せている。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎

■デビューきっかけは本作のオーディション! 伊島空/内田源太郎役


本作のオーディションをきっかけにデビューした、23歳の伊島空。本作に関わったことで様々なことを知ったという彼は、同時に「どこからともなく『ふざけんな!』という感情がこみ上げるようになった」と言い、「大正の若者がギロチン社と出会って変わったように、この映画は今を生きる自分に変化を与えた。とにかく僕は、この時代を本気で生きてやろうと思った」と本作が自身に大きな変化をもたらしたと明かしている。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
また、東出さんも出演する「コンフィデンスマンJP」の第9話に出演し注目を集めた伊島さん。今後も待機作に白石和彌監督が若松プロを描く門脇麦・井浦新主演青春映画『止められるか、俺たちを』があり、こちらでは重要な役で出演する。

■コメディもできる個性派、東龍之介/茂野栄吉役


オムニバス映画『スクラップスクラッパー』第1話「美人局、さゆり」(飯塚俊光監督)にて、超能力一家の落ちこぼれ息子役で主役を務めた東龍之介。コメディもできる個性派で、今後、テレビでの活躍も期待される彼は、「自分はいつから勢いだけで生きなくなったのか。自分はいつから下を向いて歩くようになったのか。彼らギロチン社を見てると情けない程カッコ悪く情けない程に愛くるしい奴等だなぁ」と自身と比較し、「もうちょっとだけ尖って生きてみようと思います。勇気をくれて有難う」と東さんもまた、本作に出演したことで変化があったようだ。

『菊とギロチン』(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
本作で彼らが演じるのは、自由に生きたい、世界を変えたいと理想を抱きながらも、やってることは情けない大正時代の若者たち。現代の若者たちもきっと共感できる、そんな彼らの熱演に注目していて。

『菊とギロチン』は7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top