二宮和也の演技に賞賛、鳴りやまない“ロス”の声…「ブラックペアン」最終話

最新ニュース

「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
  • 「ブラックペアン」 (C) TBS
「嵐」二宮和也が日曜劇場初主演、小泉孝太郎、内野聖陽、竹内涼真、葵わかなといったキャストを迎えた「ブラックペアン」が6月24日の放送で最終回を迎えた。放送後SNSには二宮さんら俳優陣の演技の賛辞や“ロス”の声が投稿され続けている。

海堂尊による「チーム・バチスタの栄光」の原点、「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)のドラマ化となる本作。東城大学医学部付属病院を舞台に、病院に突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑と大学の権力闘争、二宮さん演じる“オペ室の悪魔”渡海征司郎の父親の医療過誤に関する謎と内野さん演じる佐伯教授との確執などが描かれた。

「ブラックペアン」 (C) TBS
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
注目の最終話、佐伯教授が倒れ渡海が緊急手術を行うがそれは応急処置で、渡海は完治させるための条件として、自分が探している患者・飯沼達次の居場所を教えろと佐伯に要求するが佐伯はそれを拒否。外科学会に出席するべく東京に向かう。

「ブラックペアン」 (C) TBS
飯沼はかつて佐伯が体内にペアンを置いたままにした患者、院内の特別室に隠匿されていたのだが、容態が急変。渡海は飯沼の居場所を突き止め飯沼の手術を強行する…という展開。

その後佐伯はやむを得ず飯沼の体内にペアンを置き、渡海の父はその理由を理解したうえで自らが医療過誤の罪をかぶったことがわかる。真実を明かした直後佐伯は倒れ、竹内さん演じる世良や小泉さん演じる高階らが緊急手術するが上手く行かない。そこに姿を消した渡海が現れ佐伯を救う。そして病院を去る…というラストだった。

「ブラックペアン」 (C) TBS
放送後、ネット上には終了を惜しむ反応が続々と投稿され始めた。

「役者二宮和也を堪能させてもらった3ヶ月」「渡海に命を吹き込んでくれた二宮和也に感謝」「演技がうますぎて何も言えへん!」「ニノの迫真の演技素晴らしかった!なんかニノの演技、価値があるっていうのがよくわかった」など二宮さんの演技を称賛する視聴者からの声と共に、“ロス”を嘆くツイートも多数。

25日の翌朝を迎えても「ああ、もうブラックペアンのない朝だー」「安定の ペアンロス だし、朝から涙」「朝からブラックペアンの余韻でドライアイが治りそう」「ブラックペアンが終わって、わたしは何を理由に頑張れば良いのかしら」などのツイートがとどまることなくタイムラインを埋め尽くしている。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top