ベネディクト・カンバーバッチ、主演新作の脚本が盗難&流出

最新ニュース

ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
ベネディクト・カンバーバッチ主演、イギリスのEU離脱を描くテレビ映画「Brexit」(原題)の脚本がインターネット上に流出した。同ドラマの脚本家ジェームズ・グラハムがツイッターで明かした。

「がっかりなことに、テレビ映画『Brexit』の初期の脚本(草案)が盗まれて流出した。オンラインでいろんな人が読んで、コメントしている。脚本家仲間はよく知ってると思うけど、草案ていうのはいろんなことをやってみたり、アイディアをテストしたりするものなんだ。その草案に沿って撮影しているわけじゃないよ」。

ジェームズが「本物の脚本ではない」ことを強調しているのには、理由があるようだ。リークした脚本は、EU離脱に賛成のキャンペーン「Vote Leave」陣営の一員だったシャミール・サンニ氏、Facebookから5,000万人分の個人情報が流出した一件で内部告発をしたクリストファー・ワイリー氏、トランプ大統領の元上級顧問のスティーヴ・バノン氏に酷評を受けており、「Daily Beast」によれば、全員が脚本に「間違いが多すぎる」と指摘しているという。

サンニ氏は「実話に基づいた映画を作るというのなら、でっち上げはダメだ。これはフィクションだよ。空想にすぎない」、ワイリー氏は「すべてがマズいことになっている…星は1つ!」、バノン氏は「おいおい…こりゃクソだな。やつらに言ってやらなきゃ。(放送局の)チャンネル4はなんとかしてくれよ」と実に辛口。

ベネディクトが「Vote Leave」を率いたドミニク・カミングスになりきり、ヴィジュアル(特にヘアスタイル)を自身の本来の姿とは劇的に変えて撮影に臨んでいる「Brexit」。果たして、仕上がりやいかに?
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top