井浦新主演! 野村周平&葵わかな共演で阪神・淡路大震災後の実話をドラマ化「BRIDGE」

井浦新を主演「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」を2019年1月15日(火)に放送することが決定した。

最新ニュース
カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
カンテレ開局60周年特別ドラマとして、井浦新を主演に迎えた実話を基にしたヒューマンドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」を2019年1月15日(火)に放送することが決定した。

■ストーリー


1995年冬・神戸。阪神・淡路大震災は、数多くの命を奪い、人々の生活を容赦なく破壊。中でも被害の大きかったJR六甲道駅は、線路ごと崩落し物資も届かない状態に。そこに現れた一人の男・高倉昭。通常2~3年かけて復旧させる規模の工事を、JRからの指示のもと、工期を大幅に短縮できる工法で復旧工事を進めることを決意。

そんな高倉と、ふと出会った一人の少年、春日豊。六甲道で生まれ育ち、ビデオカメラをぶら下げている春日を、高倉は工事の記録係に任命する。春日はある秘密を抱えていた。彼がいつも手にしているビデオカメラに記録されている幼い少女の姿。彼にとって大きな意味を持つ、その秘密とは…。

そして、2018年秋。神戸で阪神・淡路大震災の慰霊碑にスプレーで落書きをした少年の前に謎めいた男が現れる。23年後の春日だ。人を煙に巻くような態度で正体を明かさないまま、春日が少年に語ったのは、1995年の冬に見た、六甲道での物語だった――。

■“希望の橋”をかけた実話を基に――


1995年1月17日午前5時46分――6,000人を超える犠牲者を出した「阪神・淡路大震災」。たくさんの人々の命を奪い、生活を破壊、交通は分断され陸の孤島となった神戸の街。中でも線路ごと崩落するなど被害の大きかったのが、JR六甲道駅。一刻も早く鉄道を復旧させ、人と物資を運ばなければならないなか、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた人々がいた。

今回のドラマでは、この大震災後、六甲道駅をわずか74日間で復旧させた人たちの実話に基づいた物語を描いていく。

■キャストに実力派から注目の若手まで!


主演を務める井浦さんが演じるのは、震災直後、倒壊した六甲道駅の復旧工事を担う建設会社・磐巻組の工事所長の高倉昭。実際に六甲道駅を74日間で復旧させた工事を指揮した奥村組の岡本啓氏(当時)がモデルとなっている。

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
そして、高倉とふいに出会い突然工事の記録係を命じられ、ビデオカメラを回し続けた少年・春日豊を、『ちはやふる』シリーズ、『純平、考え直せ』『ビブリア古書堂の事件手帖』など近年映画で大活躍の野村周平。六甲道で生まれ育った春日の幼なじみ・服部瞳を連続テレビ小説「わろてんか」、「ブラックペアン」などに出演し、これからの活躍に注目が集まる若手女優・葵わかな

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
さらに、時を経て2018年秋、42歳になった春日はこのエピソードを現代の若者に語り継ぐ。その語り部として重要な役割を担う春日を椎名桔平が演じる。

■キャストコメント到着!


井浦さんは震災当時をふり返り、「二十歳で、甚大な災害が起きたときにどうするべきか、という知識も経験も全く持っていませんでした。あの時の自分はただただ未熟で、すぐに行動を起こすという手段も発想もなかったですね」とコメント。

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
ドラマについては、「阪神・淡路大震災から24年。震災を忘れないように、風化させないように、とも思いますが、一方で忘れたいという人もいると思います。でもこの物語は、記録ドキュメントではありませんし、あの日から必死で生きてきた人たちが、どうやってそこから頑張って生きてきたのか、ドラマを通して描き、24年たった今と復興のため動き始めた当時がつながっていくドラマだと思います」と語り、「地震の怖さや誰がどう頑張ったかだけではなく、そこで生きようとした皆を描いた、生命感にあふれたドラマだと思うので、そういうドラマをお届け出来たらと思っています」と思いを述べている。

震災が起こる前、1993年に生まれた兵庫県出身の野村さんは、「両親に僕がどんな感じだったかと聞いたら、(子どもだから)『地面が揺れてるって喜んでたよ』って。あとは親父がたんすの下敷きになったというのは聞きました」と話し、「東日本大震災の時、たしか東京は震度4や5だったと思うんですけど、初めて記憶に残る震災というのを経験して、その時に驚きで言葉が出なくなりました。(阪神淡路大震災が)これ以上だったんだと思うとやはり怖いです」とコメント。

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」
また、今回演じる春日豊の23年後を椎名さんが演じることについては、「とても恐れ多いです!」「少しでも椎名桔平さんらしさを出していけたらいいなと思っています!」と語っている。

一方、「数千人もの犠牲者の方々、数万人もの被災者の方々、そしてご家族・ご友人の方々、このドラマが、23年前に起こったこの悲劇を見つめ直し、今なお震災で心身に傷を負っている方々に、少しでも寄り添う力になればと願っています」と思いを明かした椎名さんは、野村さんについて「まだ新人の彼でしたが、荒削りな芝居が魅力的に映りました。その後の活躍を嬉しく思います」と過去に共演したドラマでの撮影をふり返り、「今回は同一人物の青年期と、おじさん期(笑)。一緒に芝居する機会はありませんが、気持ちを合わせて演じられればと思っています」と意気込んでいる。

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」

■連動コンテンツも始動


地上波放送に加え、「U-NEXT」とタッグを組み、2作のプロローグドラマ、未公開シーンも含めたディレクターズカット版、そしてメイキングドキュメンタリーと、ドラマ連動コンテンツを複数制作・配信することも決定している。

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」は2019年1月15日(火)21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top