安田顕が全裸の疾走&号泣…お調子者の息子×パワフルな母の実話『ぼくいこ』本予告

安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、石橋蓮司、村上淳ら豪華共演で描く『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』。感涙の実話を元にした本作から、お調子者の息子とパワフルな母の姿を映し出す本予告とポスタービジュアルが解禁。

映画
安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、石橋蓮司、村上淳ら豪華共演で、宮川サトシの自伝エッセイ漫画を映画化する『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(ぼくいこ)の公開日が、2019年2月22日(金)に決定。感涙の実話を元にした本作から、お調子者の息子とパワフルな母の姿を映し出す本予告とポスタービジュアルが解禁された。

>>『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』あらすじ&キャストはこちらから

黒木華×多部未華子×樹木希林の共演作『日日是好日』も好評を得ている大森立嗣監督がメガホンをとった本作。この度解禁となったポスターでは、安田さんや倍賞さんらが演じる宮川一家それぞれのポートレート写真を配置。一瞬ハッとするタイトルへのアンサーとして「それくらい、愛してる」という、息子サトシの感情を代弁したキャッチコピーも添えられ、母への愛を率直に伝えるものとなっている。

■「俺がいるから大丈夫だよ!」…奔走する息子、母からの大きな愛に感涙必至


そして予告編では、まず、お調子者の息子・サトシ(安田さん)とパワフルな母・明子(倍賞さん)のコミカルで微笑ましい日常のやりとりが描かれる。ずっと一緒、別れる日が来るなんて予想だにしていなかったある日、突如訪れる母へのガン宣告。「ガーン」と独り言のようにつぶやき、どこか現実感のないサトシ。しかし、幼少期に共に田舎道を歩いた日々を思い出し、いかに母に愛されてきたか噛み締める。恋人・真里(松下さん)からも「今度は愛する番だよ」と叱咤され、サトシは「医者が何と言おうとさ、俺がいるから大丈夫だよ!」と母を励ます。

気丈に日々を送る母と奔走するサトシを、家族も戸惑いながら支えていく。紡がれる愛らしい家族の愛おしい日々。そして訪れる別れの日。やがて家族それぞれが新たなスタートを切ったころ、サトシの元に天国の母からプレゼントが届く。それは想像をはるかに超えた、特別な贈り物だったーー。

息子に遺された、あまりに大きな母からの愛には感涙必至。一方で、全裸で海に向かって疾走していくサトシの姿や滝行に挑む姿、サトシが講師勤める塾の生徒たちが「誰のお母さんのカレーが一番か」と張り合う中、つい大人げなく「うちのが一番なんだから!」とサトシが叫んでしまう、という家族愛に溢れたユーモラスなシーンも多々登場する。



■主題歌は「BEGIN」が担当「奇をてらわずストレートに」


母への愛と愛おしい日々を丹念に描く主題歌を担当するのは、世代を超えて歌い継がれる名曲の数々を世に送り出してきた「BEGIN」。本作のために書き下ろした楽曲「君の歌はワルツ」も、予告映像の中で初解禁となった。

島袋優(BEGIN)は「実は僕も母親を亡くしてて、あの時こうすれば良かった、もっとできたんじゃないかっていう胸の葛藤だったりいろんな感情が入り混じった時期が長くあったけど、それをすごくやさしく暖かく描いた映画だなと思いました」と、自らの体験と重ね合わせて思いを吐露。

この書き下ろし主題歌について、「今回の楽曲は来年も再来年もこの先いつ聴いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました」とコメントを寄せている。

また、劇中の音楽は「あまちゃん」の大友良英が担当。老若男女に愛されるのどかで、温かな楽曲が家族の思い出と始まりの物語を美しく、優しく包み込む。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は2019年2月22日(金)より全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top