『ヘレディタリー』『来る』『サスペリア』…映像センスが光る奇才監督がホラー映画を撮る!

現代ホラーの頂点にしてトラウマ級の恐怖を与えると話題の映画『へレディタリー/継承』をはじめ、映像センスがピカイチの奇才な監督たちが作り出す傑作ホラー映画が怒涛の公開を控えている。

映画
『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
現代ホラーの頂点にしてトラウマ級の恐怖を与えると話題の映画『へレディタリー/継承』。昨年は『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』や『ゲット・アウト』などホラージャンルの映画が大ヒットとなったが、こうしたホラーブームが今年も到来。しかも、いずれも映像センスがピカイチの奇才な監督たちが作り出す傑作ホラー映画ばかりとなっている。

>>『へレディタリー/継承』あらすじ&キャストはこちらから

最近のホラー映画怒涛の公開ラッシュの中でも、『ヘレディタリー/継承』はその怖さ、そしてクオリティの高さでも群を抜き、「今年最恐」「近年流行のホラーとは一線を画している」と批評家の間で話題を呼んでいる。物語の始まりから不穏な雰囲気に満ち、じわじわとした心理的な恐怖を観客の脳裏に刻んでいく。そして、全てのシーンもセリフも、画面に映る一切がラストへの伏線。「もう止めてくれ…」と思うほど恐ろしいのに、もう一度観ないではいられない、恐怖のリピーター体験が観る者を待つといわれる。

『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。天才的な発想と演出、全てのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となったと称賛の嵐。

注目すべきは、彼のように映像センスの高さが評価され、注目を浴びる天才クリエイターたちが、いまこぞってホラー映画を撮っていること。例えば、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がホラー映画の金字塔『サスペリア』を、『告白』『渇き。』などで常にブームを牽引する中島哲也監督が『来る』を、それぞれの監督の独特な世界観を持って形成させた。

『サスペリア』メイン (C)Courtesy of Amazon Studios
こうした奇才が作り出すホラー作品といえば、古くを遡れば、スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』(80)や、ダリオ・アルジェント監督のオリジナル版『サスペリア』(77年)が挙げられるだろう。映像センスの塊のような天才クリエーターが、映画史に残る完成度の高いホラー映画を作るのは必然といえそうだ。

■中島哲也『来る』 “得体のしれない脅威”の王道と“人間の恐ろしさ”描く


「第22回日本ホラー小説大賞」で宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を映画化。“得体のしれない脅威”が忍び寄る“王道の恐ろしさ”を持ち合わせながらも、「いままで正義だと思っていた人間が、角度を変えて見たときに全くの別人に変わる」という“人間の恐ろしさ”も持ち合わせたエンターテインメント。

中島哲也監督中島哲也監督
中島監督は1年以上を費やして本作の脚本を執筆。本作は中島監督にとって、『渇き。』以来5年ぶりとなる待望の新作で、主演にはかつてない役柄となった「V6」の岡田准一、共演には黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら豪華な顔ぶれを迎えている。

12月7日(金)より全国にて公開。

■ルカ・グァダニーノ『サスペリア』決してひとりでは見ないでください…


1977年公開のダリオ・アルジェント監督『サスペリア』の大ファンだというグァダニーノ監督が、オリジナルの設定やキャラクターを基に、新しい物語として再構築したホラー。

ルカ・グァダニーノ-(C)Getty Imagesルカ・グァダニーノ-(C)Getty Images
ダコタ・ジョンソンを主演に迎え、1970年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニーに巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で予測不可能な展開で大胆にアレンジ。オリジナル版に続き、本作でも使用されたキャッチコピー「決してひとりでは見ないでください。」の忠告に期待が高まる。

『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
2019年1月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

■アリ・アスター『ヘレディタリー/継承』全てのシーン、セリフが伏線!


本作が長編映画デビュー作品であるアスター監督。この映画は、血筋を無理やり受けつがせようとする邪悪な力と闘う一家の物語で、これは呪いにも似た不運が長い間続いた監督自身の家族の経験から生まれたものという。

『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
アスター監督の繊細なテクニックと想像力で、この鮮烈なデビュー作は60年代や70年代の傑作ホラー映画に並ぶ評価を獲得。また、これまでの短編作品やクラシック映画を思わせる雰囲気を持つサイコドラマも、各映画祭やインターネットで高い評価を受けている。

家族のしきたりや伝統をテーマに毒を混ぜることで、馴染みのある題材でありながら、ブラックコメディや抑えのきかない恐怖を産出。さらにそのプロットの完成度は、テンポ、構成、視覚的表現のどれもが計算しつくされており、生まれながらの映画監督ともいうべき仕事ぶりである。本作同様に彼の作品は、独自の予想がつかない方法で、家族間の力関係をあぶり出していく!

『へレディタリー/継承』(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
11月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top