マーゴットがシアーシャに嫉妬…鬼気迫る『ふたりの女王』予告編

シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀を生きた女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。この度、その予告編映像が公開された。

映画
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀を生きた女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。この度、その予告編映像が公開された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の波乱に満ちた人生を描く本作。メアリー・スチュアートのもって生まれた高潔さ、激情をシアーシャが鮮烈に演じ、エリザベス1世の気高さ、繊細さ、孤独をマーゴットが緊張感をもって体現。マーゴットは英国アカデミー賞にて助演女優賞にノミネートされている。

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この度解禁された予告編では、生後すぐにスコットランド女王、そして16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートが、18歳で未亡人となり、スコットランドに帰国するところから幕を開ける。その知らせに表情をこわばらせるエリザベス1世。冒頭から、隣り合う国に君臨する女王同士の、王位をめぐる並々ならぬ因縁の対決の予感がヒシヒシ。

「友情か敵対か」「愛か憎しみか」というキャッチコピーが、ふたりの女王は互いに手を取り合うのか、それとも対決せざるを得ないのか――観客の想像をさらにかき立てる。

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
結婚と出産を経験する、シアーシャ演じるスコットランド女王メアリー・スチュアートと、嫉妬にかられ泣き崩れる、マーゴット演じるイングランドに生涯を捧げた“処女王”エリザベス1世の姿からは、ふたりの女性のそれぞれの選択によってドラマが大きく展開していく様が垣間見える。

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
美しきふたりの女王にかしづき、寄り添う家臣には『ダンケルク』のジャック・ロウデンや、『女王陛下のお気に入り』にも出演するジョー・アルウィン、『クレイジー・リッチ!』のジェンマ・チャン、『メメント』『英国王のスピーチ』のガイ・ピアースらの姿も。


映像の終盤ではメアリーがエリザベスに「殺せるものなら、殺してごらんなさい!」と凄む、鬼気迫るシーンも登場し、一筋縄ではいかない若き女王たちの壮大なドラマを映し出している。

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は3月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top