ディズニー、FOX買収後も“R指定”のマーベル映画の製作を約束

FOXを買収するディズニーが、『デッドプール』をはじめとしたマーベル映画ファンにうれしい“約束”を発表した。

最新ニュース
ウォルト・ディズニー・カンパニー-(C)Getty Images
  • ウォルト・ディズニー・カンパニー-(C)Getty Images
  • ウォルト・ディズニー・カンパニー-(C)Getty Images
  • 21世紀フォックス-(C)Getty Images
  • 21世紀フォックス-(C)Getty Images
  • 21世紀フォックス-(C)Getty Images
FOXを買収するディズニーが、『デッドプール』をはじめとしたマーベル映画ファンにうれしい“約束”を発表した。『デッドプール』、『LOGAN/ローガン』のようなR指定の大人向けマーベル映画を作り続けると明言したという。

「Variety」誌などによると、火曜日(現地時間)、ディズニーのCEOボブ・アイガーが投資家を集めた収支報告会で「そういった(R指定の映画の)ビジネスは、続けていきます。その手のタイプの映画は、とても人気がありますから」と発言。ただし、観客を困惑させることのないように、R指定の映画に対するブランド戦略は慎重に行うとも語っており、通常のマーベルまたはディズニーのブランド名で製作しない可能性をにおわせた。また、今年開始予定のディズニー独自のストリーミング配信サービス「Disney+」において、『デッドプール』や『デッドプール2』の配信を行うかについては語られなかった。

ディズニーといえばクリーンでファミリー向けというイメージがあるため、FOXが買収された後の『デッドプール』がどうなるかとやきもきしたファンも多かったようだ。これまでの雰囲気や大人向け路線が変わらないことに「一安心」との声が多く上がっている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top