【インタビュー】蒼井優&竹内結子 一つの仕事を長く続ける上で必要なモノとは

蒼井優と竹内結子の姉妹感には、初共演とは思えぬ親愛の雰囲気が漂っている――。5月31日公開の『長いお別れ』は、商業監督デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』が各方面で大絶賛された中野量太監督の長編映画2作目。

最新ニュース インタビュー
竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 竹内結子『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 
  • 竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
  • 蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
蒼井優と竹内結子の姉妹感には、初共演とは思えぬ親愛の雰囲気が漂っている――。5月31日公開の『長いお別れ』は、商業監督デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』が各方面で大絶賛された中野量太監督の長編映画2作目。作家・中島京子による同名小説を原作に、アルツハイマー型認知症によってゆっくりと記憶を失っていく父との7年に渡る“長いお別れ”を描き出す。

姉妹感の雰囲気は竹内さんから


アメリカに暮らす長女・今村麻里役の竹内さんは、姉妹感を醸し出せた理由について「撮影前に行った“お父さんの誕生日会”が大きかった」という。中野監督の発案で、認知症になる前となった後の状態での父・昇平の誕生会のリハーサルを、キャスト初顔合わせと同時に行った。

『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
「通常は台本の読み合わせをして、それぞれの声を聞き、顔合わせをすることはあるけど、設定をしっかりと作ってやるというのは珍しいこと」と竹内さん。ハウススタジオは本当の誕生日会のように飾り付けられ、劇中に登場するような様々な料理も振舞われた。次女・芙美役の蒼井さんは「役に成り切ってやるというのではなく、親睦会のようだった」とふり返る。

竹内結子&蒼井優『長いお別れ』/photo:You Ishii
そこで竹内さんは蒼井さんに対して「話し方や立ち振る舞いを見て、“頼もしい”印象を受けた」といい「脚本上でも芙美は両親に対する実務的なことをしてくれる頼もしい妹。お母さん(松原智恵子)のお父さんに対する様子を見たりしながら、自分の立ち位置を掴んでいった」と役作りについて明かす。実際に姉妹のいる竹内さんの一方で、蒼井さんは「私には姉妹がいないので、その姉妹感の雰囲気は竹内さんに任せました。竹内さんから醸し出される“お姉さん”な空気を感じ取れば大丈夫だと。完全に頼り切っていました」と笑う。それに竹内さんは「確かにおんぶしていたつもりはあったけれど、私も抱っこされていたところもあります」と劇中姉妹のような相思相愛ぶり。

『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
《ext:Hayato Ishii/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top