岡山天音、どん底人生から這い上がる!「the pillows」の名曲響く『王様になれ』予告

2019年に結成30周年を迎え、若手ミュージシャンからも絶大なリスペクトを集めるロックバンド「the pillows」のアニバーサリーイヤープロジェクトとして製作された、岡山天音主演『王様になれ』から予告編が解禁となった。

映画 邦画ニュース
2019年に結成30周年を迎え、若手ミュージシャンからも絶大なリスペクトを集めるロックバンド「the pillows」のアニバーサリーイヤープロジェクトとして製作された、岡山天音主演『王様になれ』から予告編が解禁となった。

>>『王様になれ』あらすじ&キャストはこちらから

「the pillows」のボーカル山中さわおの原案を映画化した本作は、自分を貫こうとするときにぶち当たる孤独、葛藤、その先に微かにみえる光を描き、誰もが自分の「王様になれ」というメッセージがつまった青春物語。挿入歌・主題歌で流れる「the pillows」の数々の名曲のみならず、劇伴も山中さんが担当し物語を鮮やかに彩る。


今回解禁された予告編では、どん底の人生を送る岡山天音演じる祐介が、後東ようこ演じるユカリと「the pillows」との出会いにより、もがきながらも生きて行こうとする眩い輝き放つ姿が映し出されている。

カメラマンになる夢を持ちながらもラーメン屋で働き、冴えない日々を過ごしている祐介。ある日「the pillows」のライブに足を運んだ彼は、会場で思いを寄せるユカリを見かけ話すようになる。


祐介はユカリとの距離が近づくにつれ、「the pillows」の魅力にハマっていくとともに、パッとしなかった彼自身にも変化が現れ始める。


岡田義徳演じるカメラマン・虻川塁に「俺、前に進みたいんです! ライブ撮れるようになりたいんです!」と膝をついて弟子入りを懇願するシーンでは、初めて祐介の意志が感じられる。本作が単独初主演となる岡山さんの演技にも注目だ。


ライブシーンでは、本作の原案・音楽を担当した山中さわお、そして「GLAY」のTERUとJIRO、「ストレイテナー」のホリエアツシ、「THE KEBABS」など豪華ミュージシャン陣が本人役で出演する姿も確認できる。


夢と現実のギャップに苦しみ、次の一歩をなかなか踏み出せずにいる大人たち。そんな人たちの背中をそっと押してくれる作品となりそうだ。

『王様になれ』は9月13日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top