松重豊&中井貴一&加藤雅也&役所広司…渋い魅力がたまらない“アラ還俳優”映画続々

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で映画初主演をつとめる松重豊をはじめ、年齢を重ねるほど演技に深みと温かみが増し、時には哀愁漂う魅力で活躍を見せる名優たちに迫った。

映画 邦画ニュース
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
  • 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
  • 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』本ポスター (C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会 
  • 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』本ポスター (C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会 
  • 『影に抱かれて眠れ』(c)BUGSY
  • 『影に抱かれて眠れ』(c)BUGSY
  • 『記憶にございません!』(C)2019 フジテレビ 東宝
  • 『記憶にございません!』(C)2019フジテレビ 東宝
  • ティザービジュアル(表)『記憶にございません!』(C)2019フジテレビ 東宝
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で映画初主演をつとめる松重豊をはじめ、いま、渋い魅力がたまらない“アラ還”(アラウンド還暦)俳優たちの映画が目白押し。名バイプレイヤーとして活躍し、御年56歳にして初の映画主演を務めた松重さんのように、年齢を重ねるほど演技に深みと温かみが増し、時には哀愁漂う魅力で活躍を見せる名優たちに迫った。

主演・加藤雅也(57歳)『影に抱かれて眠れ 』公開中


『影に抱かれて眠れ』(c)BUGSY
北方謙三・原作の講談社創業100周年記念出版作品「抱影」(講談社刊)を実写映画化。こよなく酒を愛し、横浜の野毛の街を愛する抽象画家・硲冬樹は、横浜・野毛の街で2軒の酒場を営む。絵を描き、野毛の街で酒を呑み、自らの経営する店を巡回するのが硲の日常だったが、 そんな平凡な毎日を揺るがす事件が起こる。この事件によって、やがて冬樹は横浜の街の闇に呑み込まれていき、平凡な日常が大きく崩れ始めていく…。

主人公の硲冬樹を演じるのは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」から『二階堂家物語』『真田十勇士』など、様々な出演作で演技の幅を見せつける大人の色香漂うベテラン俳優・加藤雅也。この映画では全てを受け入れていく「男」の哀愁と優しさを見事に演じきっており、その渋い演技に魅了されること間違いなし。

主演・中井貴一(57歳)『記憶にございません! 』公開中


『記憶にございません!』(C)2019 フジテレビ 東宝
三谷幸喜監督の最新作で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介は、 ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の“おじさん”に変貌してしまった啓介は、国政の混乱を避けるため、国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ記憶を失ったことを隠しながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていくが… 。

主人公となる支持率2.3%の史上最低の総理大臣を演じるのは、『ステキな金縛り』『ザ・マジックアワー』など三谷作品にも出演し、これまでも数々の作品で主演を務めてきた中井貴一。シリアスな演技はもちろん、この映画のようにコミカルなキャラクターまで、 まるで別人かのように見事に演じ分ける中井さんは、観る人に安心感を与える演技力の持ち主。この秋は“トンデモ首相”として観客を魅了する。

主演・松重豊(56歳)『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』10月4日公開


『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
これまで日本映画ではほとんど取り上げられてこなかった“男性の不妊”という題材に対して、温かな視点でアプローチした、知られざる“男の妊活”を描くヒューマンドラマ。

人気作家のヒキタクニオは、ひと回り以上年が離れた妻・サチと仲良く暮らしていたが、ある日の「ヒキタさんの子どもに会いたい」という妻のひと言で、生活は一変する…。主人公・ヒキタ役に抜擢されたのは1992年の『地獄の警備員』以来、130本以上の映画に出演し、名バイプレイヤーとして邦画界に名をとどろかせてきた松重豊。

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』 (C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会 
意外にも50 代にしてこれが初の主演映画となる彼は、ロマンスグレーの大人の風貌ながら、中身はやんちゃな熱血少年であり、妻のため、そして良き精子のために孤軍奮闘する様をユーモラスに演じた。松重さんだから生み出せる温かさと頼もしさを、スクリーンで堪能してみて。

主演・役所広司(63歳)『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』11月15日公開


『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(C)Mirage Ltd.
『M:I-2』『レッドクリフ』シリーズで知られるテレンス・チャンがプロデューサーを務める日中合作のスペタクル映画。第32回東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれている。ある日、エベレストに墜落した飛行機に残された“重要機密文書”の捜索を依頼されたヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」を率いる隊長・ジアンは、チームの隊員たちと共に墜落現場である“デスゾーン”(危険地帯)へと飛び立つことに。タイムリミットはわずか48時間。決死の覚悟でミッションに挑む彼らだったが、世界最高峰の頂には、相次ぐ異常事態と世界規模の陰謀渦巻く、予想もつかない事態が待ち受けていた…。

“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、「チーム・ウィングス」を率いる隊長・ジアンを演じるのは、日本映画界を代表する名優・役所広司。極限地帯でのドラマに説得力を持たせる確かな演技力はもちろん、これまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンにも挑んでおり、本作の過酷な撮影を伺わせている。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top