【インタビュー】「クィア・アイ」ファブ5からのメッセージ「もっと自分を愛して」

依頼者のことを“ヒーロー”と呼ぶ「ファブ5」は、依頼者に寄り添いながら“その人らしさを大切にすること”“自分に愛を注ぐこと”の大切さを教えてくれる。「クィア・アイ:We're in Japan!」で来日した彼らへのインタビューを敢行!

最新ニュース インタビュー
Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
  • Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
ファッションやインテリアなど、その道のプロフェッショナルの5人組“ファブ5”が、悩める人たちを次々に変身させていくNetflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ」。フード&ワイン担当:アントニ、インテリア担当:ボビー、美容担当:ジョナサン、カルチャー担当:カラモ、ファッション担当:タンが日本を舞台に活躍する「クィア・アイ:We're in Japan!」が11月1日より、Netflixにて遂に配信スタートとなる。

「クィア・アイ:We're in Japan!」の撮影でファン待望の来日を果たしたファブ5。“自尊心を取り戻し、自分の人生と自分自身を愛すること”の大切さを伝える彼らは、日本に来て何を感じたのか。また、日本の“ヒーロー”たちにどのような変化を与えたのだろうか。

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」

日本の人々、日本食、すべてが大好きになった



――日本が舞台のスペシャルシーズンの撮影でしたが、日本で撮影してみていかがですか。どんなシーズンになりそうでしょうか。

ボビー:日本での撮影は素晴らしかったよ。言葉の壁のせいでうまく意思の疎通が取れないんじゃないかって少し心配していたんだけど、そんなことは全くなかった。

カラモ:僕は、日本の文化を世界中の人たちに知ってもらえることがただただ嬉しい。と言うのも、ボビー以外、僕ら全員日本に今回来るまで日本の文化に触れたころがあまりなかったと思うんだ。実際に来てみて、日本の人々、日本食、すべてが大好きになった。

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
ジョナサン:もう、とにかく日本に夢中で、どうなっちゃうか分からなかった。唯一ショックだったのは、日本にいる間に紀平梨花選手に会えなかったこと。東京と東京近郊にあるスケート・リンク全て行ったのに! 今度の世界選手権、彼女絶対に優勝するから。どこよりも早く断言する。だって、ヤバいでしょ。あのトリプル・アクセル、トリプル・トーループ。あり得ないから! もう、出来過ぎ。しかも4回転も挑戦しているみたいだし。4回転トーループに4回転サルコー。ヤバいでしょ。

世界共通の“愛”を届ける「クィア・アイ」



――日本でも「クィア・アイ」が大人気なのですが、この作品が国や文化の壁を超えて多くの人に愛される理由はどこにあると思いますか。

タン:特にメディアなんかを見ても分かるように、世界中で人々が切り離され地域社会が大きく分断されているけど、僕たちの番組を観て、人はいろんな風に繋がることができるんだってことに気づくからじゃないかな。お互いに心を開くだけで素晴らしいことが起きる可能性があって、明らかだと思っているそうした隔たりが実はそうじゃないんだってことにね。

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」
カラモ:世界の共通語は「愛」で、誰もが愛を求めている。誰もが愛されたいと思っているし、誰かに存在を認めてもらいたいと思っている。周りから否定的な目で見られているんじゃないか、愛されていないんじゃないか、嫌われているんじゃないかという思いを抱えながらみんな生きている。だからこそ、人に勇気を与える、「今のままで十分素敵だ」「みんな君を愛しているよ」と言ってくれる番組にみんな惹かれるんじゃないかな。

ジョナサン:その通り!

ボビー:それ以上の答えはないよ。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top