【インタビュー】「不思議な旅路」を歩むサム・ライリー、一変した過去と充実の現在を語る

2007年、映画『コントロール』でたちまち注目を集めたサム・ライリー。それから7年後、ディズニー映画『マレフィセント』に出演。さらに5年後、その続編に出演して初来日を果たす。

最新ニュース インタビュー
サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii
  • サム・ライリー『マレフィセント2』/photo:You Ishii

尊敬するアンジェリーナ・ジョリーとの共演


では、『マレフィセント』の何が彼に訴えかけてきたのか。ずばり、マレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーだったという。

「それまで大きなスタジオの作品に出たことはなかった。俳優を始めたころ、そんな機会もあったけど実現しなかった。だから、あまり期待はしていなかったのだけど、脚本を読んでみたら、ほとんどのシーンがアンジェリーナと一緒(笑)。彼女のことは『ジーア/悲劇のスーパーモデル』を観て以来、ずっと尊敬していた。だから、ぜひ共演したかったんだ」。

『マレフィセント2』マレ&ディアヴァル(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
尊敬する相手と芝居を交えるのに、マレフィセントとディアヴァルは理想的な役柄と言えるかもしれない。最強のヴィラン、マレフィセントと彼女に仕えるカラスのディアヴァルについて、「演じがいがあるのは確かだよ。ギャアギャアと熟年夫婦みたいに言い合うところもね(笑)。マレフィセントは彼をいろいろな姿に変身させて楽しむ。そんな状況から逃れ、ディアヴァルはどこかで巣を作って心穏やかに暮らせばいいのに。けれど、そうはしないところに2人の関係性がよく表れていると思う」と指摘する。


マレフィセントとディアヴァルの関係は、幼い息子を持つサムの“助け”にもなったそうだ。

ディアヴァルの変身シーンを見た5歳の息子が、僕に尊敬の眼差しを向けてくれたんだ。やっとね(笑)。これだから、僕はディズニー映画が好きだ。実際、子どものころからいろいろなディズニー映画を観てきたよ。僕は四人兄弟の一番上だから、DVDを弟や妹に譲り渡すこともあった。『ライオン・キング』や『美女と野獣』をね。いまは息子と一緒に映画館へ行くことが多いかな。『モアナと伝説の海』や『リメンバー・ミー』を観たよ。僕と息子は同じくらいとっても繊細だから、一緒に泣くんだ(笑)」。


《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top