【インタビュー】鈴木亮平、俳優人生の第二章はがむしゃらに「恐れずにやっていく」

スクリーンに映っていれば、目で追わずにはいられない。そんな人が、「とにかく注目を浴びたくない。自分を見ないでほしいと思っている人」になりきり、心の叫びを伝えてくる。やはり、役者はすごい。『ひとよ』の鈴木亮平を目にし、そう感じる人は多いだろう。

最新ニュース インタビュー
鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 鈴木亮平『ひとよ』/photo:You Ishii
  • 『ひとよ』(C)2019「ひとよ」製作委員会
スクリーンに映っていれば、目で追わずにはいられない。そんな人が、「とにかく注目を浴びたくない。自分を見ないでほしいと思っている人」になりきり、心の叫びを伝えてくる。やはり、役者はすごい。『ひとよ』の鈴木亮平を目にし、そう感じる人は多いだろう。

演じる役は「とても愛おしく」


『ひとよ』で鈴木さんが演じた稲村大樹は、父、母、三兄妹から成る稲村家の長男。母親は幼い子どもたちの幸せを守るためと信じ、愛する夫を手にかけてしまう。そのショッキングな家庭事情が、15年を経て大人になった現在も三兄妹にのしかかっている。大樹が「自分を見ないでほしいと思っている人」なのは、その事情ゆえか。

「加害者の子であり、被害者の子でもありますから。それに加え、吃音でもある。でも、残念ながら大きな体に育っちゃったんです、大樹は。だから、背中も丸くなるし、吃音を聞かれたくなくて声も小さくなっていった。顔を見られたくないから、前髪を下ろしたりもして。思春期って、男子も女子もただでさえそういうところがあるじゃないですか。とにかく自分を見ないでくれって」。

『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
そんな大樹と弟の雄二(佐藤健)、妹の園子(松岡茉優)の前に、音信不通になっていた母親(田中裕子)が現れる。だが、母親に再会した三兄妹の表情は複雑だ。

「台本を何度も読み込むうちに、彼が過ごしてきた15年の生きづらさを想像することができて。母親を愛してはいるけど、愛情を与えられなかった思春期からの15年は大きい。愛の裏に、ちょっとした憎しみがあるんです。そんな中、崩壊した家庭で育った大樹がなぜ早くに結婚し、子どもを作ったのか。きっと、自分は父親とは違うと示すことで、父親に復讐する気持ちがあったはず。そんなことを考えていたら、大樹がとても愛おしくなりました」。

《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top