【インタビュー】成海璃子、芽生えた責任感は俳優としての「原動力」

出演作に妥協することのない成海璃子が、「本当に心から“面白い! やりましょうよ!”と思った」と即断したのが、最新主演映画『ゴーストマスター』だった。

最新ニュース インタビュー
成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
  • 成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
「テメエの気持ちだけで芝居するんじゃねえよ、この大根が!」

インパクト大の、この発言。自分が俳優で向けられたらたまったものではないが、ひとりよがりな芝居をしている俳優に向けて吐いた言葉であれば、どれだけ胸がすくことか。この“台詞”を言った当人・成海璃子も、「言いながら“ああ、もうなんていい台詞…!”って思いましたよ(笑)。すっきりしました!」と破顔した。


10代から20代へ、芽生えた責任感「自分のパフォーマンスで評価をされるから」


俳優にもいろいろなタイプがいますよね、と話を振れば、成海さんは「“俳優だから何でもやりますよ”という気持ちがいい人が好きです。きっと自信があるから何でもできるというのがあると思いますし。…現場で急にゴネたりする人は嫌(笑)」と、きっぱりと答えた。かくいう成海さん自身も、「基本的には何でもやれなきゃいけないな、と思っています」と俳優としてのスタンスを示す。

成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
子役時代から芸能の世界に身を置き、いろいろな大人と仕事をして、場数を踏んだ。

「10代のときとかは…ちょっと面倒くさいことを言っていたかもしれない(苦笑)。でも、やっぱり、それは変化したのかなと思いますね。昔…小学生、中学生の頃は、カメラの前に立つことに関して、緊張したことがほぼなかったんです。20代に入ってからかな、どんどん緊張するようになっています。いつもすごく緊張しているんです」。

緊張の理由は、聞くまでもない。「責任感」が芽生えたからだ。

「芸で仕事をしているわけなので、自分のパフォーマンスで評価をされるわけだから、無責任なことはできないです。それが一番、自分を動かしていると思いますし、原動力ではありますね」。きちんと言葉を選びながら、心情を明かしていく。

成海璃子『ゴーストマスター』/photo:You Ishii
「正直…いろいろな時期がありました。“自分の納得したものしかやりたくない”と言っている時期も、すごく長かったんです。けど、大人になったいまは、ほかの人の意見もわかるようになったというか、周囲の声に耳を傾けるようになりました」。納得した作品に出るという成海さんの意思は、かつて映画誌で連載を持っていたほど、自身が無類の映画好きなことにも関係するだろう。磨かれた審美眼から、自己に向ける評価にも甘えはなく、「どんな作品に成海璃子が出るか」について、こだわるのは当たり前といえる。

「基本的には、すごくシンプルなんですけど、やっぱり脚本を読んで”面白いな“と思った作品に参加したいんです。優先順位は、バジェットよりも面白さ。一方で、ちゃんと人の目に届かないと意味がないとは思いますし、まずは観てもらえないとしょうがないから、偏りたくないのでバランスは見ます」。

《text:Kyoko Akayama/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top