カンバーバッチ&トム・ホランドら競演、“電流戦争”描く『エジソンズ・ゲーム』4月公開

ベネディクト・カンバーバッチが世紀の発明王トーマス・エジソンを演じた『The Current War』が、邦題『エジソンズ・ゲーム』として2020年4月、日本公開が決定、併せて日本版ポスターが解禁となった。

映画 洋画ニュース
ベネディクト・カンバーバッチが世紀の発明王トーマス・エジソンを演じた『The Current War』が、邦題『エジソンズ・ゲーム』として2020年4月、日本公開が決定、併せて日本版ポスターが解禁となった。

“頭脳でトップに立つクリエイター”であるエジソンと、その最強のライバル“戦略で支配を広げるカリスマ実業家”ジョージ・ウェスティングハウスによる壮絶なビジネスバトル“電流戦争”を描いた本作。

天才発明家エジソンを演じるのは、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』で、アカデミー賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。世界的偉人のイメージを180度覆し、「SHERLOCK/シャーロック」を彷彿とさせるような奇才のダークヒーローを怪演。

ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
対するライバルのウェスティングハウスには、『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。さらに、2人の対決の鍵を握る若き天才科学者テスラに『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手に『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドと、英国とハリウッドの人気俳優が集結。

トム・ホランド-(C)Getty Images
アメリカ初の電力送電システムを巡る、エジソンとライバルたちの闘い“電流戦争”があったからこそ、現代の私たちは豊かな暮らしを送っている。そんな歴史の一大トピックが、ついに映画化。莫大な金が動く特許の争奪戦に、名誉をかけた裁判。その影で横行するスキャンダラスなネガティブキャンペーンと裏取引――。超一流の天才たちによる、息もつかせぬ本気の闘いが明らかになる。

製作総指揮マーティン・スコセッシが完全バックアップ


本作は当初、ワインスタイン・カンパニーの作品として、2017年にトロント国際映画祭でお披露目され全米公開を予定していた。しかし共同創業者のハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題が発覚、同社は破産に追い込まれ、映画は公開延期に。その後、ワインスタイン・カンパニーは買収され、新たな101 Studiosという配給会社により、ついに今年10月、全米公開が実現した。

マーティン・スコセッシ  -(C) Getty Images
この復活劇に一役買って出たのは、『アイリッシュマン』の巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。トロント映画祭で披露された本編は、ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた製作陣にとって不本意なバージョンだったという。そこでアルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠で本作の製作総指揮であるスコセッシ監督は、それを完成版と認めず製作陣による再編集を支援した。監督たちは、超多忙なスター俳優たちを集め、たった1日限りの再撮影を敢行。元のバージョンから10分を削り、新たに5つものシーンを追加した渾身の“ディレクターズ・カット”を完成させ、2年越しの全米公開となる奇跡の大逆転を成し遂げた。

また、この度解禁された日本版ポスターは、天才エジソンと宿敵ウェスティングハウスの真剣な眼差しと「天才発明家 VS カリスマ実業家」のコピーで、激しいバトルが繰り広げられているかのようだ。2人の間には火花のような電流がほとばしり、「未来を照らすのは、誰だ。」と、電流戦争の行方を問いかけるもの。

『エジソンズ・ゲーム』 (C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserv
そして、彼らを支える仲間として、エジソンの右腕であるインサルとウェスティングハウスの共同研究者である二コラ・テスラの凛々しくも麗しい姿も配されている。

『エジソンズ・ゲーム』は2020年4月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top