『南極料理人』から『子供はわかってあげない』まで…心が満たされる沖田修一ワールドの魅力

最新作『子供はわかってあげない』の公開に合わせ、ほろ苦くも温かい人間ドラマや独特の笑いのセンスで、映画ファンの心を鷲掴みにする沖田修一監督作品をピックアップ。

映画 邦画ニュース
『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
  • 『南極料理人』
ほろ苦くも温かい人間ドラマや独特の笑いのセンスが光る世界観で、多くの映画ファンの心を鷲掴みにしてきた沖田修一監督。

今回、常に新作が待ち望まれる沖田監督が初めて人気漫画原作の実写化に挑んだ最新作『子供はわかってあげない』に合わせ、南極基地内の隊員たちの生活をコミカルに描いた『南極料理人』や、お人好しすぎる青年の愛おしい日々を描いた青春群像劇『横道世之介』、無骨な木こりと気弱な映画監督の交流を描いた『キツツキと雨』と、“おうち時間”を満喫できる<沖田ワールド>の作品をピックアップした。

>>『子供はわかってあげない』あらすじ&キャストはこちらから

個性豊かな隊員のコミカルな日常と“おいしいご飯”『南極料理人』(Huluほかで配信中)


『南極料理人』
実際に南極観測隊に参加した西村淳によるエッセイ「面白南極料理人」を実写映画化した本作。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地、南極ドームふじ基地に派遣された観測隊員8名。

そのうちのひとり、料理人の西村(堺雅人)は食事以外楽しみがない彼らのために、日々腕をふるい、ときに贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていく。過酷な状況下で繰り広げられる、ひと癖もふた癖もある個性派隊員たちのコミカルなやり取りにクスッとさせられることはもちろん、喧嘩をしながらもゆっくりと絆を深めていく彼らの“隔離生活”は、沈んだ心もおのずと明るくしてくれるはず。

『南極料理人』
また、伊勢エビフライや夜食のラーメン、いくらのおにぎり、具だくさんの豚汁など、劇中で次々に登場する豪華なご飯も必見!

60歳の木こり×25歳の新人監督が意気投合?2人のふれあいに心癒される『キツツキと雨』(Netflixで配信中)


『キツツキと雨』 -(C) 2011「キツツキと雨」製作委員会
舞台は、人里離れた山あいの村。地元の木こり・克彦(役所広司)は、ゾンビ映画の撮影にやってきた新人監督・幸一(小栗旬)と出会い、ひょんなことから映画のことなど何も知らないまま、映画作りの手伝いをすることに。

『キツツキと雨』 -(C) 2011「キツツキと雨」製作委員会
最初は距離を感じていたふたりが、次第に良い影響を与え合い、心を通わせていくさまを映し出した本作。劇中では、あれよあれよという間に克彦が幸一の映画に出演することになり、愛らしい“ゾンビ演技”を披露。演じる役所さんの怪演(!?)はもちろん、絶妙なユーモアを交えながら描かれる、異色のふたりのふれあいや、緩やかに流れる山村の優しい空気には、思わず心が癒されてしまうこと間違いなし!

どこまでもお人好しな世之介が愛おしい!切なくも温かい“大切な思い出”に涙があふれる『横道世之介』(Netflixほかで配信中)


『横道世之介』-(C)2013「横道世之介」製作委員会
吉田修一による同名青春小説を映画化した本作。頼みごとは断れないお人好し・横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。お調子者の倉持(池松壮亮)を始め、女性に興味を持てずにいる加藤(綾野剛)、大人の魅力を漂わせる千春(伊藤歩)、一方的に世之介へ想いを寄せるお嬢様の祥子(吉高由里子)など、様々な人々と出会いながら、持ち前の明るさで周囲を幸せにしていく――。

『横道世之介』高良健吾 -(C) 2013「横道世之介」製作委員会
どこまでも純粋でまっすぐで、ちょっぴり図々しいけど憎めない不思議な魅力を持ち合せる世之介。そんな彼を取り巻く人々との、切ないけれど温かく、かけがえのない大切な思い出に、きっとラストは涙があふれてしまうはず。

どこか懐かしくも新しい“宝箱のような夏休み”。いっぱい笑って、ほろりと泣ける青春映画『子供はわかってあげない』(6月26日公開)


『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
「マンガ大賞2015」や数々の漫画賞を受賞し、「モーニング」連載時から話題沸騰だった田島列島の傑作コミックが実写映画化。主演を務めるのは、「義母と娘のブルース」「いだてん~東京オリムピック噺~」で注目を集め、瑞々しい魅力と確かな演技力で引っぱりだこの上白石萌歌。

相手役には、超新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主演に大抜擢された細田佳央太。さらに人間模様を鮮やかに彩るキャストには、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治など、実力派の名優陣が大集結し、物語をカラフルに広げる。

『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
高校2年の水泳部女子・美波(上白石さん)は、書道部男子のもじくん(細田さん)との運命的な出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居場所を探しあてる。何やら怪しげな父・友充(豊川さん)にとまどいながらも、海辺の町でいっしょに過ごすが…。心地よい海風。爽やかに鳴る風鈴に、超能力!? お気楽だけど、けっこう怒濤の展開が待ち受ける。

『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社
本作で描かれるのは、主人公・美波とシャイで素朴な青年・もじくんとの甘酸っぱすぎ初恋や、“元教祖(?)”の実の父・友充、ジェンダーレスな雰囲気を漂わせるもじくんの兄・明大など、ちょっぴり“ワケあり”でステキな人々との“普通じゃない”夏休み。

初めて漫画原作の実写化に挑んだ沖田監督は、原作・田島列島の甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガールを見事に表現しつつも、子どもと大人の狭間で揺れ動く高校生、そして大人たちの気持ちをゆるやかにやさしく描く。美波の感情が高まった告白シーンは、監督の新境地シーンとしても必見。いっぱい笑って“ほろり”とする、懐かしくも新しい青春映画の傑作が誕生した。


『子供はわかってあげない』は6月26日(金)よりテアトル新宿・イオンシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top