若き巨匠による名曲の誕生秘話描く『剣の舞 我が心の旋律』7月公開

若き巨匠がひと晩で書き上げた名曲の誕生秘話を描いた『Sabre Dance』(英題)が邦題を『剣の舞 我が心の旋律』として公開されることが決定。

映画 洋画ニュース
若き巨匠がひと晩で書き上げた名曲の誕生秘話を描いた『Sabre Dance』(英題)が邦題を『剣の舞 我が心の旋律』として公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁となった。

■ストーリー


第二次世界大戦下のソ連。迫り来る戦火から逃れるため、レニングラード国立オペラ・バレエ劇団はモロトフに疎開していた。寒さと食糧不足に悩まされながら、団員たちはまもなく初演となるバレエ「ガイーヌ」の練習を続けている。劇団の音楽を担当する作曲家アラム・ハチャトゥリアンは振付家のニーナから連日のように変更が伝えられ、修正に追われていた。重圧に苦しむアラムは、入院騒ぎを起こしてしまうが、親友の作曲家ショスタコーヴィチらとの音楽談義に癒され、作曲家としての矜持を強くする。

初演が迫ったある日、文化省の役人プシュコフは完成した「ガイーヌ」の結末を変更した上に、最終幕に士気高揚する踊りを追加せよと命じる。団員の誰もが不可能と訴えるが、アラムは作曲家人生を懸けて理不尽な挑発に立ち向かう…。

■名曲「剣の舞」の誕生に隠された愛と友情の真実の物語


「仮面舞踏会」など数々の名曲を残したクラシック界の巨匠アラム・ハチャトゥリアン。本作では、彼が若き日にたったひと晩で書き上げた20世紀の名曲「剣の舞」に込めた民族の悲しみと世界平和への祈り、その知られざる真実が明らかとなる。

祖国アルメニアへの思いを音楽で表現する情熱の作曲家アラムを演じるのは、ロシアで舞台やTVで活躍するアンバルツム・カバニャン。宿敵のプシュコフはアメリカのTVドラマ「24」などにも出演したアレクサンドル・クズネツォフ

監督・脚本はウズベキスタン出身のユスプ・ラジコフ。自伝や記録、遺族の証言から、不本意ながら生まれた「剣の舞」完成前後の2週間に着目し、5年の歳月をかけて史実に誕生秘話を執筆した。

2018年4月にアルメリアの首都エレバンの劇場で行った撮影では、ビロード革命が発生。デモ隊に劇場が包囲され、キャストとスタッフは5日間劇場に閉じ込められながらも撮影を強行。まさに映画も「剣の舞」同様に難産の末に生まれた。

解禁されたポスタービジュアルの背景には、散乱した楽譜や躍動感溢れる団員の舞い踊る姿が。そして、“わずか8時間で生まれた伝説の名曲”というキャッチコピーとともに、想いを馳せるような表情で鍵盤に向かうハチャトゥリアンの姿が、名曲「剣の舞」誕生までの苦悩をうかがわせる1枚に仕上がっている。

『剣の舞 我が心の旋律』は7月31日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top