柄本佑、苦悩する在宅医に『痛くない死に方』2月劇場公開

柄本佑主演、高橋伴明監督の最新映画『痛くない死に方』が来年2月に公開決定。ポスタービジュアルと柄本さんからのコメントが到着し、その共演者に坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二らが発表された。

映画 邦画ニュース
『痛くない死に方』ポスター (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』ポスター (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
  • 『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
柄本佑主演、高橋伴明監督の最新映画『痛くない死に方』が来年2月に公開決定。ポスタービジュアルと柄本さんからのコメントが到着し、その共演者に坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二らが発表された。

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」を映画化した本作。柄本さんは在宅医の河田仁を演じる。

父親のために、痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したのに、父親が苦しみ続けてそのまま死んでしまい、自分を責める智美役に坂井真紀

『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
「カルテでなく人を見ろ」がモットーの、柄本さん演じる在宅医の先輩である長野浩平役に、奥田瑛二

『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
奥田さん演じる長野と在宅医療を支える看護師・中井春菜役に余貴美子

『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
そして、柄本さんが新たに担当することになる末期の肺がん患者・本多彰役に宇崎竜童

『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
その妻・しぐれ役に大谷直子と、実力派俳優が勢ぞろい。

広告の後にも続きます
『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
柄本さんは「高橋組の一員になれるだけで最高なのに、主演という一番監督と長く居られる部署にまさか呼んでいただけるとは! 高橋伴明監督の骨太な『ヨーイ、ハイ!』には人を突き動かす生命力に溢れていたように思います。たくましい人間ドラマを楽しんでいただけたら幸いです」と力強くコメント。

『痛くない死に方』 (C)「痛くない死に方」製作委員会
なお、第23回上海国際映画祭でワールドプレミアを行った本作が、11月14日(土)に第45回湯布院映画祭の秋の陣での日本初上映が決定し、来年2月に全国順次公開。

さらに、本作の原作者で医療監修を務めた長尾氏のドキュメンタリー映画『けったいな町医者』が同時期に公開。実際に兵庫県尼崎市で在宅医として活躍する長尾氏の現場を徹底的に取材し、命の駆け引きの現場をリアルに映像に収めた問題作。ナレーションは本作で主演を務めた柄本さんが担当し、監督は本作のチーフ助監督の毛利安孝が務める。

ストーリー


在宅医療に従事する河田仁(柄本佑)は、日々仕事に追われる毎日で、家庭崩壊の危機に陥っている。そんな時、末期の肺がん患者である井上敏夫(下元史朗)に出会う。敏夫の娘の智美(坂井真紀)の意向で痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したとのこと。しかし、河田は電話での対応に終始してしまい、結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま亡くなってしまう。

「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。それなら病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、智美は河田を前に自分を責める。在宅医の先輩である長野浩平(奥田瑛二)に相談すると、病院からのカルテでなく本人を見て、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される河田。

結局、自分の最終的な診断ミスにより、敏夫は不本意にも苦しみ続け生き絶えるしかなかったのかと、河田は悔恨の念に苛まれる。長野の元で在宅医としての治療現場を見学させてもらい、在宅医としてあるべき姿を模索することにする河田。大病院の専門医と在宅医の決定的な違いは何か、長野から学んでゆく。

2年後、河田は同じく末期の肺がん患者である本多彰(宇崎竜童)を担当することに。以前とは全く違う患者との向き合い方をする河田。ジョークと川柳が好きで、末期がんの患者とは思えないほど明るい本多と、同じくいつも明るい本多の妻・しぐれ(大谷直子)と共に、果たして“痛くない死に方”は実践できるのか…。

『痛くない死に方』は2021年2月、全国にて順次公開予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top