コリン・ファース「常にスタンリーを意識していた」『スーパーノヴァ』の貴重な裏話明かす

映画『スーパーノヴァ』から、コリン・ファースが20年来の友人であるスタンリー・トゥッチから脚本を直接受け取ったことを打ち明ける、オンラインインタビューの映像が到着。

映画 洋画ニュース
『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
  • 『スーパーノヴァ』(C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
コリン・ファースとスタンリー・トゥッチの共演で贈る映画『スーパーノヴァ』。この度、コリンが20年来の友人であるスタンリーから脚本を直接受け取ったこと、当初は2人が演じる役柄が逆だったことなどを打ち明ける、オンラインインタビューの映像が到着した。

>>『スーパーノヴァ』あらすじ&キャストはこちらから

『シングルマン』では、パートナーを失い人生の目的を見失うゲイの大学教授役を演じたコリンだが、本作では若年性認知症を患うパートナーを支える男性・サム役を好演している。到着したのは、映画に対する思いや、配役が決定するまでの裏話、さらには共演のスタンリーへの愛も赤裸々に語るインタビュー映像。コロナ禍でのプロモーションとなった今回、オンラインで行われたインタビューでは、『シングルマン』の監督としてもお馴染みのデザイナー「トム・フォード(TOM FORD)」のメガネをかけ、ラフな服装と髪型であっても紳士の品格漂うコリンの姿にも注目。


通常、映画の出演オファーはエージェントを通して受け取るものだが、「脚本はスタンリーから直接受け取った。だから読んでいる間、常にスタンリーを意識していた。配役も聞いていなかったと思う」とコリンはふり返る。プライベートでも20年来の友であるスタンリーから「いい脚本があるから読んでみて」と連絡があり、読み込むうちに脚本に魅了されていったという。

『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
コリンが演じるのは、不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサム。スタンリーは人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつもブラックジョークで周囲に笑いをもたらす作家タスカー役を演じる。コリンもスタンリーも、本人のイメージそのままのナチュラルな演技を見せているが、実は最初は配役が逆だったという。

『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
タスカー役に違和感を感じ、試しに役を交換してみようと提案したのはコリン。その時のことも明かしており、「何か通ずるものがあったんだろう。読んでいたらサムがしっくりきた。スタンリーのタスカーを聞いた時、彼以上に演じることはできないと思った。彼がサムをしてもそう思ったから、もう家に帰ろうかと思ったよ(笑)」と冗談交じりに語っている。

『スーパーノヴァ』 (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
仕事仲間としても友達としても良い関係を築いているスタンリーについては「彼は多才な役者だ」と断言、「スタンリーは知性と思慮深さを醸し出すことができる。そして“脆さ”も持ち合わせている。本作において彼の脆さの演技には大きな影響を受けた」と絶賛。若年性認知症を患い、徐々に記憶をなくしていくタスカーの揺れ動く心や繊細な変化を見事に表現した名演は、「スタンリーにしかできない脆さの演技だと思う」と太鼓判を押している。

インタビューからも分かるコリンの“スタンリー愛”と同様に、スタンリーもコリンの仕事ぶりや人格を絶賛しており、2人の共演は2012年公開の『モネ・ゲーム』以来、約10年ぶり。念願の再共演でも相性ぴったりな2人の演技が堪能できそうだ。

『スーパーノヴァ』は7月1日(木)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top