“元狙撃兵”リーアム・ニーソンが少年と決死の逃避行!『マークスマン』予告編&場面写真

全米2週連続No.1ヒットを記録したリーアム・ニーソン主演作『マークスマン』より、予告編と場面写真が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『マークスマン』(C) ​2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『マークスマン』(C) ​2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『マークスマン』(C) ​2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『マークスマン』(C) ​2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

全米2週連続No.1ヒットを記録したリーアム・ニーソン主演作『マークスマン』より、予告編と場面写真が解禁となった。


>>『マークスマン』あらすじ&キャストはこちら

本作は、アカデミー賞ノミネートの実力を誇る演技派でありアクション俳優としての地位も確立しているリーアム・ニーソンが“最強の元狙撃兵”を演じ、身よりのない少年を守るため凶悪な麻薬カルテルと全面抗争を繰り広げるアクション・エンターテインメント。

今回解禁となった予告編では、越境してきたメキシコ人母子を助けたことから、麻薬カルテルと激しい銃撃戦を交えるジムの様子が描かれる。銃弾に倒れた母親から「息子をシカゴの親戚の家に送り届けてほしい」と託され、「俺には関係ないがシカゴへ連れて行ってやる」と車でシカゴを目指すことになるが、ジムは明らかに乗り気ではない様子。

とはいえ、妻に先立たれた彼と母を亡くした少年の間にはいつしか絆が芽生え、年の離れた友情を育んでいく。しかし、麻薬カルテルに居場所を突き止められた2人の身には危険が迫っていた。いよいよ追い詰められ、「(この子を)守れるのは俺だけだ。やり遂げてみせる」と、カルテルと対峙することを決意するジム。元腕利き狙撃兵だった “的中率 100%の男”は、少年を守り抜くことができるのか…?

併せて解禁された場面写真には、険しい顔でショットガンを覗き込むジム、ジムと妻の連れ子であるサラ(キャサリン・ウィニック)との姿を切り取ったもののほか、リーアム・ニーソン演じる元狙撃兵ジムと少年がたたずんでいる1枚も含まれ、孤独な2人の間にいつしか通じ合うものが生まれてきたことを予感させる。

妻に先立たれた男と母を失った少年、2人の逃避行の行方はもちろん、彼らが見せる絆にも注目したい。

『マークスマン』は2022年1月7日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top