松下洸平“大輝”の演技に「凄すぎた」の声、切なすぎるラストに「みんな幸せになって」と願う視聴者も…「最愛」第5話

吉高由里子主演「最愛」の第5話が11月12日オンエア。葛藤と苦悩の末、やっと再会できた最愛の姉弟を引き離すことになる大輝を演じる松下洸平に「本物の大ちゃん」「演技力えぐい」などの声が殺到。優を演じる高橋文哉の演技にも賞賛の声が続出している。

最新ニュース スクープ
「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS
  • 「最愛」第5話(C)TBS

吉高由里子主演「最愛」の第5話が11月12日オンエア。葛藤と苦悩の末、やっと再会できた最愛の姉弟を引き離すことになる大輝を演じる松下洸平に「本物の大ちゃん」「演技力えぐい」などの声が殺到。優を演じる高橋文哉の演技にも賞賛の声が続出している。

15年前、大学の陸上部の寮で起きた“ある失踪事件”。その事件が15年を経た現在の連続殺人事件へと繋がっていく。事件の重要参考人となった女性実業家と、彼女の幼なじみで事件を追う刑事。15年前から彼女を支えてきた弁護士の3人を中心に描かれる完全オリジナルストーリーとなる本作。

15年前、大学院生だった渡辺康介に暴行され、その後、父・朝宮達雄が亡くなり母・真田梓に引き取られ、現在は「真田ウェルネス」の代表取締役として弟のために新薬を開発している朝宮梨央を吉高さんが演じ、15年前は白山大学の陸上部エースで梨央に想いを寄せていたが、現在は警視庁刑事部捜査一課の刑事をしている宮崎大輝には松下さん。

「真田ホールディングス」の弁護士として、梓の指示で15年前に梨央を東京に連れてきて、今まで見守り続けてきた加瀬賢一郎には井浦新。梨央のもとから行方をくらましていたが、前回のラストで梨央と再会した弟の優に高橋さん。

梨央の母・真田梓に薬師丸ひろ子(特別出演)。15年前亡くなった梨央の父親・朝宮達雄に光石研。「真田ウェルネス」専務の後藤信介に及川光博。ノンフィクションライターの橘しおりに田中みな実。大輝とコンビを組む桑田仁美に佐久間由衣。優によって殺害されたらしい康介の父親・昭に酒向芳。また奥野瑛太、津田健次郎らも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

梨央と大輝のもとに優から昭殺害時の映像が送られてきて、その後優は梨央と再会。自首するという優を梨央は引き留め、一緒に岐阜に帰ろうとする。警察も優の素性や真田ウェルネスとの関わりにたどりつき、加瀬もしおりと後藤との接点を知る。

そして梨央は高速バスに乗って飛騨に向かい、そのバスを大輝と桑田も追う。途中のバス停で優も合流、かつての故郷に戻った梨央は、優に金を渡し遠くに逃げるよう告げるが、優は逃げるのに疲れたと返答。優は達雄がパソコンにつけていた日記を探し、白山大学の寮へ。達雄のパソコンには動画が残されており、動画で達雄は「自分が康介を殺した」と“自供”。そこに大輝と桑田も現れ、大輝は優を連行することになる…というのが5話の展開。

自分の“最愛”の姉弟を自分の手で引き裂かねばならなくなる大輝を演じる松下さんに「この松下洸平くんも良い、とても良い。今日はぐちゃぐちゃに泣きました…」「大ちゃんの演技力えぐい。葛藤よくうまく出せてたなぁ」「凄すぎた 全ての感情表現が全く嘘くさくない全身から振り絞られた声 本物の大ちゃん、そのもの」など絶賛の声が殺到。

一方、優を演じる高橋さんにも「今日の「最愛」の高橋文哉がめちゃめちゃよかった」「マジで高橋文哉君の演技力もレベチすぎて震える」といった反応が。

放送後も「言いたいことはいっぱいあるけどとりあえず梨央も大ちゃんも優も加瀬さんもみんな幸せになってくれ」「梨央と優と大ちゃんあのまま田舎で幸せになって欲しかった…」など、梨央と優、大輝の3人の幸せを願う投稿が途切れることなくタイムラインを流れ続けている。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top