『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全米3週連続No.1、全世界累計興収13億ドル突破!

日本公開を間近に控えるトム・ホランド主演『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、全米3週連続No.1を達成し、全米累計興行収入歴代TOP10作品となった。

映画 洋画ニュース
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

日本公開を間近に控えるトム・ホランド主演『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、全米3週連続No.1を達成し、全米累計興行収入歴代TOP10作品となった。


>>『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ&キャストはこちらから

現地時間12月17日に公開スタートした本作は、全米におけるオープニング興行成績としては、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位を記録。公開3週目の週末3日間(2021年12月31日~2022年1月2日)の興行収入は、5602万3590ドル(約64億円)となり、全米3週連続No.1を達成。さらに、全米における累計興行収入は、6億1360万0664ドル(約706億円)と、『インクレディブル・ファミリー』を抜き、全米累計興行収入歴代TOP10作品に。

そして、1月2日までの全米以外の海外では、累計興行収入7億5900万ドル(約873億円)を記録。全米&海外の成績を合計した全世界累計興行収入は、13億7260万0664ドル(約1578億円)となり、『ブラック・パンサー』を抜いて全世界累計興行収入歴代12位に浮上した(1/4付Box Office MojoおよびDeadlineおよびVariety調べ 1ドル=115円換算 1/4現在)。

日本でも、劇場前売券の発売日から3日間の売れ行きが前作対比376%のシリーズ最高記録を更新。世界中で注目を集めている本作が、ついに明後日1月7日(金)に日本公開を迎える。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は1月7日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top