“学”高杉真宙の演技に「怪演を身につけた」など絶賛の声、吉田鋼太郎“源太郎”の嘆きにも多くの反応集まる…「おいハンサム!!」7話

吉田鋼太郎主演「おいハンサム!!」の7話が2月19日放送。学の“狂気”を演じた高杉真宙に「怪演を身につけた」などの声が上がるとともに、町の小さな店の閉店を嘆く源太郎の姿にも多くの反応が集まっている。

最新ニュース スクープ
「おいハンサム!!」第7話(C)東海テレビ/日本映画放送
  • 「おいハンサム!!」第7話(C)東海テレビ/日本映画放送
  • 「おいハンサム!!」第7話(C)東海テレビ/日本映画放送

吉田鋼太郎主演「おいハンサム!!」の7話が2月19日放送。学の“狂気”を演じた高杉真宙に「怪演を身につけた」などの声が上がるとともに、町の小さな店の閉店を嘆く源太郎の姿にも多くの反応が集まっている。

東海テレビ×日本映画放送が共同製作、家族×食×恋をテーマにしたコメディとなる本作。妻・千鶴と東京の長い商店街の外れの一軒家に住んでいる“昭和の頑固親父の生き残り”伊藤源太郎役で吉田さんが主演を務める。

行く店、行く店でなぜか元カレの利夫と出くわす長女・由香に木南晴夏。由香の元カレで源太郎の取引相手でもあり、本人たちは気づいてないが次女・里香とも接点がある大森利夫に浜野謙太。エリートだがモラハラ気味の夫に浮気が発覚、酔っ払って謎の男性のもとで一夜を明かし、彼の本を持ってきてしまった次女・里香に佐久間由衣。ワンタンメンを“タンメン1つ”と勘違いしていた里香の夫・浅利大輔に桐山漣。

だらしない生活スタイルの男性と別れ、自分の価値観を押し付けるエリートサラリーマンと付き合いはじめた三女の美香に武田玲奈。自分のどちら側を歩くかなど細かいことをいちいち指示してくる美香の彼・大倉学に高杉さん。美香の元カレで漫画家志望のユウジに須藤蓮。美香の同僚・シイナに野波麻帆、源太郎の妻・千鶴にMEGUMIといったキャストが共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

美香は学と待ち合わせる駅を間違える。急いで学のもとに向かおうとするが、そこでユウジとぶつかってしまう。同じ歌を歌いながらつかみ合っていると警察が現れて…というのが今回のストーリー。

2人の様子に「ユウジと運命的な出会いwww」「やっぱり息ぴったりやな」「なにこれwwほんっとにふざけすぎてて面白いシュールw」といった反応が上がる。

その後美香は学と別れることを決意し、別れ話を切り出すが「女の人って結婚前にそういう気持ちになる」と学は動じない。相手の理想の人間になることの何が悪いのかと話す学に、美香は自分の思いをぶつける。すると学はいきなりおかしな言動を始め、結婚前に別れを切り出されたことが過去にもあることを明かし、自分のどこが悪いのかと問いかける…。

そんな“狂気”感ある学の姿に「学さん名演技頑張った」「おいハンサムの学は最後までヤバい奴だったな」といった反応とともに、「真宙…お前、怪演を身につけたな…」「複雑な表情に真宙さんの演技が光ります」「今日の学くんの壊れた演技最高でした」など、高杉さんの演技にも絶賛の声が集まっている。

良心的な個人経営・家族経営の商店や飲食店が次々と閉店する世を嘆き、なんとかしたいと考える源太郎にも「コロナ禍でめちゃくちゃ身に染みる」「なんでもそうだけど人間は失ってから気づくんだよな」などの反応多数。「このドラマ、ホームドラマてぇか、社会派ドラマなんだよな。奇跡のような配合だ」とドラマのストーリー展開にも賞賛が送られている。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top