浜辺美波“白夜”ラストで語った言葉に困惑と動揺の声続々、謎の腹痛を訴えた少年の“確定診断”には納得の声も…「ドクターホワイト」第6話

浜辺美波が主演する「ドクターホワイト」の第6話が2月21日放送。謎の腹痛を訴える少年、その“確定診断”に「あー確かに」など納得する視聴者が続出。ラストで白夜が語った言葉には困惑と動揺が入り混じったツイートも多数投稿されている。

最新ニュース スクープ
「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ
  • 「ドクターホワイト」第6話(C)カンテレ

浜辺美波が主演する「ドクターホワイト」の第6話が2月21日放送。謎の腹痛を訴える少年、その“確定診断”に「あー確かに」など納得する視聴者が続出。ラストで白夜が語った言葉には困惑と動揺が入り混じったツイートも多数投稿されている。

豊富な医療知識だけを残したまま、他の記憶を失った正体不明の女性・雪村白夜を浜辺さんが演じ、白夜が医師たちを前に「それ、誤診です!」と病名を覆して患者の命を救っていく新感覚医療ミステリードラマとなる本作。

浜辺さんのほか、白夜を自宅で引き受け彼女の謎を探り始めたところ“脅迫”を受けるなどした「月刊メディカルサーチ」記者・狩岡将貴に柄本佑。診断特化の協議チーム(CDT)の内科医・高森麻里亜に瀧本美織。将貴の妹で白夜に救われ親しくなる狩岡晴汝に岡崎紗絵。

CDTの若手研修医・佐久間新平に高橋文哉。CDTの精神科医・西島耕助に片桐仁。CDTの皮膚科医・夏樹拓実に勝地涼。指名手配されてしまった麻里亜の兄・高森勇気に毎熊克哉。将貴、麻里亜と同級生の刑事・奥村淳平に宮田俊哉。高森総合病院の外科部長でCDTを快く思っていない真壁仁に小手伸也。CDTを立ち上げた高森総合病院院長・高森巌に石坂浩二といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

夏樹はJMAで心臓外科医として働く元同僚から、外科医としてまた一緒に働かないかと誘われる。時を同じくして白夜もJMA代表の藤島(安井順平)の自宅に招かれ、JMAへの移籍を持ちかけられた。同席した将貴はその真意を聞き出そうとするが、そのとき廊下で晴汝の悲鳴が。駆けつけると藤島の息子・誠が階段から転落し意識を失っていた。

誠はすぐさま病院に運び込まれるが、目を覚ますと強打した頭部ではなく腹部の激しい痛みを訴える。到着したJMAの医師が診断を急ぐなか、CDTも診断協議を始めるが仙道(高橋努)は姿を見せず、夏樹と西島も移籍をめぐって言い争いに。しかし誠の症状は命に危険が及ぶまでに悪化。もはや一刻の猶予も許されないなか、CDTは発足以来最も難しい病名診断を迫られる。誠は転落する直前テントウムシを追いかけていたが、実はテントウムシによく似た毒グモで、誠はクモに刺されていた…というのが6話の展開。

「あー確かにテントウムシに似てる」「確かにてんとう虫に似てる」など、画像検索した視聴者から納得する声が相次ぐ。「実際みるとこのてんとう虫に似たクモ気持ち悪いな…」「ひいっっ想像してたよりでかいクモだ……」などその後もクモにまつわるツイートが多数投稿される。

そして終盤、月を見上げる白夜に「誕生日はわかる?」と将貴が問いかける。すると白夜は「次の誕生日はないと思います」と答え、少しうつむいた表情で「そう決まっているんです…次の誕生日までは生きられないと」と続ける。

この言葉に「次の誕生日はない…?それまで生きられない?白夜さんが…?」「白夜さんは、次の誕生日までは生きられない!?」「次の誕生日までは生きられない????余命1年もない?」など視聴者からは困惑や動揺する投稿が続出している。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top