オースティン・バトラー主演『エルヴィス』、カンヌで現時点今年最長の12分のスタンディングオベーション 

オースティン・バトラーがエルヴィス・プレスリーを演じる『Elvis』(原題)が、25日(現地時間)、カンヌ国際映画祭で初公開された。今年のカンヌで現時点では最長の12分のスタンディングオベーションを受けたという。「Variety」誌が報じた。

最新ニュース ゴシップ
オースティン・バトラー Photo by Gareth Cattermole/Getty Images
  • オースティン・バトラー Photo by Gareth Cattermole/Getty Images
  • 『エルヴィス』レッドカーペット/カンヌ国際映画祭 Photo by Gareth Cattermole/Getty Images
  • AUSTIN BUTLER as Elvis in Warner Bros. Pictures’ drama “ELVIS,” a Warner Bros. Pictures release. Photo by Hugh Stewart

オースティン・バトラーがエルヴィス・プレスリーを演じる『エルヴィス』が、25日(現地時間)、カンヌ国際映画祭で初公開された。今年のカンヌで現時点では最長の12分のスタンディングオベーションを受けたという。「Variety」誌が報じた。

上映後、オースティンは観客に作品を温かく受け入れてもらったことに感動で涙を浮かべ、上映に駆け付けていたエルヴィスの元妻プリシラ・プレスリーと、ハグ。同じく感極まった様子のバズ・ラーマン監督も、キャストたちとハグを交わした。

同作でエルヴィスになりきり、渾身の演技を見せているオースティン。プリシラ、エルヴィスの娘のリサ・マリー、孫ライリー・キーオもオースティンの演技を大絶賛する仕上がりに。

しかし、オースティンの身体には大きな負担がかかっていたようだ。撮影終了日の翌日に、緊張の糸が切れたのか、大変な目に遭ったという。

「朝4時に、しびれるような痛みで目が覚めて、病院に搬送されました。『エルヴィス』の撮影を終了した翌日、身体の機能が停止してしまったんです」と「GQ」誌に語っている。具体的には、「虫垂炎を模したウイルスによるもの」と診断され、「一週間、寝たきりで過ごして回復しました」とのこと。

AUSTIN BUTLER as Elvis in Warner Bros. Pictures’ drama “ELVIS,” a Warner Bros. Pictures release. Photo by Hugh Stewart

『エルヴィス』は7月1日(金)より全国にて公開。




※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top