クリス・エヴァンスのアフレコ収録も『バズ・ライトイヤー』“バズ愛”に溢れた特別映像

ディズニー&ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズで誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの原点を描く最新作『バズ・ライトイヤー』より、特別映像が解禁された。

映画 洋画ニュース
『バズ・ライトイヤー』(C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C) Disney
  • 『バズ・ライトイヤー』(C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C) Disney
  • 『バズ・ライトイヤー』(C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C) Disney
  • 『バズ・ライトイヤー』(C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C) Disney

ディズニー&ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズで誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの原点を描く最新作『バズ・ライトイヤー』より、特別映像が解禁された。


>>『バズ・ライトイヤー』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁された特別映像は、“おもちゃ”のバズが「無限の彼方へ!」と叫び、アンディの部屋を駆け巡る様子から始まる。そして、バズ・ライトイヤー役のクリス・エヴァンスが“大きなバズ愛”をもってアフレコに挑む姿や、豪華キャスト陣がお馴染みの名台詞「無限の彼方へ さぁ行くぞ」を収録し、「あのセリフを言えた」、「カッコいい!」と大興奮する様子が収められている。

「アベンジャーズ」のキャプテン・アメリカで知られるクリス・エヴァンスは「あの映画の反響は大きかった。キャラクターも多彩で、すごく親しみやすい」と、世界中で愛され続ける名作の魅力についてコメント。

また『トイ・ストーリー4』のラストでも使われた、シリーズを通して重要な場面で登場するお決まりの名台詞「無限の彼方へ!さぁ行くぞ」は、公開された収録映像の様子から、本作でも重要なキーワードとなっていることが分かる。

『ファインディング・ドリー』で共同監督を務め、『トイ・ストーリー2』、『トイ・ストーリー3』などの『トイ・ストーリー』シリーズに携わってきたアンガス・マクレーンは「20年以上構想を温めてきたんだ。バズの世界を描きたいとね」と、長年の熱い想いを告白。さらに、これまで『トイ・ストーリー』からピクサーの歴史をともに築いてきた本作のプロデューサーのギャリン・サスマンは「幼い頃に憧れたヒーローの映画を作れるなんて、楽しい挑戦だった」と監督同様、念願であった作品製作への喜びを語った。

製作陣が並々ならぬ意気込みをもって挑んだ本作について、クリスは「バズ・ライトイヤーの誕生の物語さ。アンディたちがバズのおもちゃを欲しがる理由がわかる」と、観る者が“アンディ視点”で楽しめる作品であると解説。「マイティー・ソー」シリーズの監督で知られ、自身も俳優、声優と幅広く活躍するタイカ・ワイティティも「バズと冒険に出たくなるよ」と言及している。

また映像内では、アンディがTVに釘付けになって“スペース・レンジャー”バズの虜になっている様子も切り取られており、劇中で描かれるアンディが夢中になったであろうバズの勇敢な姿や、豪快なアクションシーンに期待せずにはいられない。

バズとウッディたちの絆が世界中を感動の渦に巻き込んだように、本作でスペース・レンジャー“バズ”と新たな仲間たちとの絆はどんなドラマを生み出すのか。この夏、アンディも夢中になった“バズ・ライトイヤー”の物語を、アンディと同じ目線で体験してほしい。

『バズ・ライトイヤー』は7月1日(金)より全国にて公開。


トイ・ストーリー 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]
¥5,109
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top