賀来賢人主演、現代最後の忍びの物語「忍びの家」Netflixで配信 江口洋介&高良健吾も出演

賀来賢人が主演するNetflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」の配信が決定。江口洋介、木村多江、高良健吾、蒔田彩珠、宮本信子の出演も明らかになった。

最新ニュース スクープ
Netflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」
  • Netflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」
  • 賀来賢人『斉木楠雄のΨ難』/photo:You Ishii

賀来賢人が主演するNetflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」の配信が決定。江口洋介、木村多江、高良健吾、蒔田彩珠、宮本信子の出演も明らかになった。

歴史の節目に幾度となく存在してきた“忍び”が、いまもなお、この日本社会で秘密裏に任務を請け負っていたとしたら――。本作は、現代の日本を舞台に、過去のとある任務をきっかけに、忍びであることを捨てた最後の忍び一家・俵家が、国家を揺るがす史上最大の危機と対峙していく完全オリジナルストーリー。

主演の賀来賢人が演じるのは、類い稀なる才能を持つ優秀な忍びでありながら、その優しさが仇となり、大きなトラウマを抱える俵家の次男・晴。本作では、共同エグゼクティブ・プロデューサーとして製作陣にも名を連ね、並々ならぬ意気込みで作品づくりに挑む賀来さんは、「現代にもし『忍者』がいたら。彼らが影で、国の危機を救っていたとしたら。その忍者が、家族だったら?そんな発想からこの企画は生まれました。企画書をNetflixに持ち込んだのが約2年前。やっとここまで来ました」と心境も語っている。

また、過去の任務をきっかけに忍びを引退、酒造会社の経営者として一般市民になりきろうとする俵家の父・壮一を江口洋介。忍びとしての生活を引きずる母・洋子を木村多江

俵家が忍びの道を捨て、家族の心までもがバラバラとなるきっかけになってしまった長男・岳を高良健吾。ひとり鍛錬を続ける長女・凪を蒔田彩珠。一家を陰ながら見つめる謎めいた祖母・タキを宮本信子が演じる。

なお、監督は気鋭の米監督デイヴ・ボイルが務める。

Netflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」は2024年、Netflixにて全世界独占配信予定。


忍者の兵法 三大秘伝書を読む (角川ソフィア文庫)
¥729
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
忍者の掟 (角川新書)
¥891
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top