秘密と涙がたっぷり詰まった『ボルベール<帰郷>』は女性のための愛の物語 3枚目の写真・画像

“VOLVER(ボルベール)”という言葉には様々な“帰郷”の意味が含まれているとペドロ・アルモドバル監督は語っている。彼の故郷、スペインのラ・マンチャを舞台にしていること、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』('87)以来、実に19年ぶりにカルメン・マウラとタッグを組んだこと、ヒロインに『オール・アバウト・マイ・マザー』('98)に続きペネロペ・クルスを起用していること、そして何よりも母の胸に“戻る”という、母娘の愛を描いていることが最も重要な帰郷であるというのだ。

最新ニュース
『ボルベール<帰郷>』
『ボルベール<帰郷>』

編集部おすすめの記事

特集

page top