「続編というより自分の中では新たな作品」と語る堤真一