「あえて面白く表現しない面白さ」『歓喜の歌』の小林薫が語る“面白さの量” 1枚目の写真・画像

いま、最もチケットが取れないと言われている落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化した『歓喜の歌』。年の瀬迫る12月30日、小さな町の市民会館を舞台に、そこで働く飯塚主任が被るトラブルの数々を面白可笑しく描いた本作。優柔不断で事なかれ主義、責任逃れが常套手段という、ちょっとダメな男、飯塚主任を演じた小林薫さんに話を聞いた。

最新ニュース
『歓喜の歌』 小林薫 photo:Yoshio Kumagai
『歓喜の歌』 小林薫 photo:Yoshio Kumagai

編集部おすすめの記事

特集

page top