いつもの三木スタイルで会場を爆笑の渦に