『なくもんか』では、“受け入れる”役に