玉木宏&袴田吉彦インタビュー 歴史に向き合い、歩み続ける2人が感じた“時代” 4枚目の写真・画像

人は誰しも“いま”を生きることしかできない。その中で役者という人種は、時に時空を超えて過去の歴史の中に身を投じ、他人の人生を生きることが出来る例外的存在である。羨ましくも思えるが、もちろん過去の歴史とは輝かしいものばかりではない。映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』で玉木宏、袴田吉彦が生きた70年前は、ちょうど日米間の緊張が高まりを見せ、やがて開戦へと突入していく激動の時代。映画では当時の世の空気に抗い、戦争を回避すべく孤高の戦いを繰り広げつつも、時代に押し流されていく男の姿が描き出される。玉木さんと袴田さんが演じたのは、山本五十六(役所広司)とは正反対に日米開戦を強く主張し世論を煽り続けた「東京日報」に所属する記者の真藤と秋山。共にこれまで、この時代の軍人を演じたことはあるが、今回の役は軍人でも単なる民間人でもない、報道に携わる立場の人間。どのような思いであの時代に身を置き、山本五十六の言葉や時代の空気から何を感じたのか——?

最新ニュース
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』 玉木宏 photo:Naoki Kurozu
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』 玉木宏 photo:Naoki Kurozu

編集部おすすめの記事

特集

page top