ドラマ/ 伝記 『クリムト』作品情報

2006年10月28日 公開の映画作品

あらすじ

1918年。芸術の都・ウィーンの栄光は、まさに終焉を迎えようとしていた。そして、絵画に新たな潮流を生み出した稀代の画家、グスタフ・クリムト(ジョン・マルコヴィッチ)もまた、命の灯火を消そうとしていた。脳卒中で倒れ、病院に運ばれたクリムト。しかし、彼を見舞うのは愛弟子のエゴン・シーレ(ニコライ・キンスキー)ただひとり。発作に苦しみ、朦朧とした意識の中、クリムトの目には、栄光と挫折の人生がよみがえる。まるで寓話に満ちた彼の絵のように…。第28回モスクワ国際映画祭コンペティション部門においてロシア批評家連盟賞受賞を受賞。クリムトに扮するのはその演技に絶大な信頼を寄せられているジョン・マルコヴィッチ。監督・脚本は、鬼才との呼び声高い独特の演出、寓意に満ちたカメラワークをみせる『見出された時―「失われた時を求めて」より―』のラウル・ルイス。

スタッフ

ラウル・ルイス

キャスト

作品データ

  • 2006年10月28日よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
  • 原題KLIMT
  • 製作年2006
  • 製作国オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス
  • 上映時間97
  • 映倫区分
  • 配給会社メディア・スーツ
  • クレジット©epo-film
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『クリムト』関連記事

『クリムト』公開記念、豪華絢爛!劇中使用の衣裳展開催決定 画像
スクープ

『クリムト』公開記念、豪華絢爛!劇中使用の衣裳展開催決定

官能と情熱、あでやかで豊かな色彩、なまなましいほどの肉感をたたえながら恍惚の表情を浮かべる女たち。描き続けた「ファム=ファタル(宿命の女)」、満ち溢れる「エロス」…。19世紀末ウィーン文化において燦然と輝く傑作を残した天才画家・グスタフ・クリムトの、幻想と現実の狭間にある危うい精神世界をうつしだした映画『クリムト』。

しっとり秋色の恋愛ドラマ vol.4 『クリムト』 画像
コラム

しっとり秋色の恋愛ドラマ vol.4 『クリムト』

秋といえば、芸術。そこで、「しっとり秋色の恋愛ドラマ」最終回は、恋愛も芸術もしっとりと楽しみたいという人のための映画を。ロマンティックで官能的な作品で有名な画家グスタフ・クリムトを描いた作品、その名も『クリムト』です。

『クリムト』ラウル・ルイス監督来日記者会見 画像
レポート

『クリムト』ラウル・ルイス監督来日記者会見

19世紀末ウィーン文化において燦然と輝く傑作を残した天才画家、グスタフ・クリムト。官能と情熱、あでやかで豊かな色彩、なまなましいほどの肉感をたたえながら恍惚の表情を浮かべる女たち。描き続けた「ファム=ファタル(宿命の女)」、満ち溢れる「エロス」…。

クリムト4作品、合わせて115億円の価値 画像
スクープ

クリムト4作品、合わせて115億円の価値

ジョン・マルコヴィッチ主演による『クリムト』の公開で話題のオーストリアの象徴派画家、グスタフ・クリムト。今年6月、彼の代表作「アデーレ・ブロッホバウアーI」が絵画史上最高額の1億2500万ドル(約155億円)でニューヨークのノイエ・ギャラリーに売却されたニュースが注目をあびたが、今回さらに4作品がニューヨークの競売会社クリスティーズによって競売にかけられることが決定した。

『クリムト』モスクワ国際映画祭 ロシア批評家連盟賞受賞 画像
スクープ

『クリムト』モスクワ国際映画祭 ロシア批評家連盟賞受賞

19世紀末、オーストリア。時代より遥かに先を行ったひとりの天才画家がいた。——グスタフ・クリムト。官能と情熱、あでやかで豊かな色彩、なまなましいほどの肉感をたたえながら恍惚の表情を浮かべる女たち。描き続けた「ファム=ファタル(宿命の女)」、満ち溢れる「エロス」…。19世紀末ウィーン文化において燦然と輝く傑作を残した画家の、幻想と現実の狭間にある危うい精神世界をうつしだした映画『クリムト』。

page top