ドラマ/ 戦争 『硫黄島からの手紙』作品情報

2006年12月9日 公開の映画作品

あらすじ

当初5日で落ちると言われた硫黄島の戦いを36日にも及ぶ死闘へと変貌させた日本軍とは何者だったのか? アメリカ帰りの指揮官栗林(渡辺謙)のもと彼らはどう戦い、そしてどう敗れたのか? 戦争の無益さに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの姿を描いた感動大作。『父親たちの星条旗』に続いて硫黄島の戦いを今度は日本側の視点から切り取る。監督クリント・イーストウッド×製作スティーヴン・スピルバーグ。 映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。

スタッフ

クリント・イーストウッド

キャスト

  • 渡辺謙
  • 二宮和也
  • 伊原剛志
  • 加瀬亮
  • 松崎悠希
  • 中村獅童
  • 裕木奈江

作品データ

  • 2006年12月9日より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて公開
  • 原題RED SUN, BLACK SAND / LETTERS FROM IWO JIMA
  • 製作年2006
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社ワーナー
  • クレジット©2006 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks LLC
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『硫黄島からの手紙』関連記事

【ハリウッドより愛をこめて】ミシェル・ウィリアムズ、次作でマリリン・モンローに? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】ミシェル・ウィリアムズ、次作でマリリン・モンローに?

みなさん、こんにちは! 春がもうすぐそこまでやって来ましたね。先週末はアカデミー賞で大忙しで、もうクタクタでした…。前回のコラムでお伝えした通り、私はWOWOWで今年のグラミー賞とアカデミー賞のL.A.特派員を務めています。ハリウッドで一番大きなこのイベントで、レッドカーペットを踏むことができるなんて、とても貴重な体験でした! WOWOWの撮影スタッフは、「E! Television」と「TVガイド」の横に陣取っていて、日本人俳優・尾崎英二郎さんとご一緒させていただきました。英二郎さんはここ4年ほどハリウッドで活躍しています。彼は、クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』や、最近では海外ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」にも出演しています。

スピルバーグ×イーストウッド再び! 『ヒア アフター』での巨匠コラボの経緯とは? 画像
スクープ

スピルバーグ×イーストウッド再び! 『ヒア アフター』での巨匠コラボの経緯とは?

昨年10月に全米で公開され、批評家から絶賛の声が上がっているヒューマンドラマ『ヒア アフター』。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、監督にクリント・イーストウッドというハリウッドを代表する巨匠2人による本作の予告編が到着すると共に、2人のタッグの経緯が明らかに!

007シリーズ最新作がロンドンでクランク・イン 画像
ゴシップ

007シリーズ最新作がロンドンでクランク・イン

007シリーズ最新作が、『Bond 22』の仮題で3日からロンドン郊外のパインウッド・スタジオでクランク・インし、4日にはロンドン市内でロケ撮影が行われた。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも、前作『007/カジノ・ロワイヤル』での演技が各方面で絶賛された後の2作目ということで、表情にもすっかり余裕が見える。

最優秀脚本賞『リトル・ミス・サンシャイン』受賞 画像
スクープ

最優秀脚本賞『リトル・ミス・サンシャイン』受賞

ちょっと不思議な一家のロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』が脚本賞を受賞。『バベル』のギレルモ・アリアガ、『硫黄島からの手紙』のポール・ハギスとアイリス・ヤマガタ、『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、『クィーン』のピーター・モーガンと並み居る強豪を制したマイケル・アーントは初ノミネート初受賞となった。

今年は誰が登場?まもなく開催!第79回アカデミー賞 画像
スクープ

今年は誰が登場?まもなく開催!第79回アカデミー賞

いよいよ開催が来週2月25日(日本時間26日)に迫った映画界最大の祭典、第79回アカデミー賞。会場となるハリウッドのコダック・シアターでは準備が着々と進められている中、当日授賞式で各賞のプレゼンターを務める豪華俳優陣も発表され、登壇が注目される。

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表 画像
コラム

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表

ゴールデン・グローブ賞の発表から約1週間。ついに、ハリウッド映画最高の栄誉、第79回アカデミー賞のノミネート発表がありました。予想通り、作品賞には『バベル』『ディパーテッド』が。『硫黄島からの手紙』もこの部門に参戦。外国語賞ではなく。この3作と『クィーン』は監督賞でもノミネート。これら大作に並んで食い込んできた『リトル・ミス・サンシャイン』が、どんな激戦を見せてくれるのか楽しみです。残念ながら、作品賞には入らなかったものの、監督として評価を受けたのが、のポール・グリーングラス。いまだ、多くの人の心に大きな傷を残している9.11のテロの渦中にあった人々を描いた『ユナイテッド93』では、確かに巧みな演出力に圧倒されました。

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表 画像
スクープ

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表

映画界最大の祭典、第79回アカデミー賞ノミネート作品が1月23日22:30(日本時間)ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるサミュエル・ゴールドウィン・センターにて発表された。作品賞にノミネートされたのはゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞受賞、日米共演が話題の『バベル』、先週主演のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が来日したばかりの『ディパーテッド』、イーストウッド監督が日本人キャストで硫黄島の戦いを描いた『硫黄島からの手紙』、異例のロングランヒットを記録したロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』、そしてダイアナとエリザベス女王の間の確執を初めて映画化した『クィーン』の5作品。

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待 画像
スクープ

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待

「ハッピー・マニア」や「働きマン」などで若い女性から圧倒的な支持を集めるカリスマ漫画家、安野モヨコの同名漫画を原作にした『さくらん』。写真史を塗り替える衝撃をもたらしたフォトグラファー・蜷川実花が映画初監督を飾る本作は、椎名林檎が音楽監督初挑戦、『タカダワタル的』等の新鋭監督タナダユキが脚本を担当、さらに今、女優業のみならずロック歌手としても注目を集める土屋アンナが主演と、いま“最高にカッコいい女たち”によるエネルギッシュな魅力で溢れ、話題沸騰中の本作が2月8日から18日まで開催される第57回ベルリン国際映画祭・公式部門の「特別招待作品/ベルリナーレ・スペシャル」に選定、9日の特別招待部門にてオープニング上映されることが決定した。

クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞受賞 画像
スクープ

クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞受賞

お正月映画NO.1の興行収入で大ヒット上映中の『硫黄島からの手紙』が15日、ロサンゼルスで発表されたゴールデン・グローブ賞において最優秀外国語映画賞を受賞。ナショナル・ボード・オブ・レビューでの最優秀作品賞受賞に続くこの快挙に、授賞式に出席した渡辺謙をはじめ、外国語映画賞受賞のニュースを受けて、出演者たちから喜びのコメントが届いた。

世界配給にさらなる追い風『鉄コン筋クリート』ベルリン映画祭正式出品決定 画像
スクープ

世界配給にさらなる追い風『鉄コン筋クリート』ベルリン映画祭正式出品決定

松本大洋の傑作コミックを映画化した『鉄コン筋クリート』が、2月に開催されるベルリン国際映画祭にて、本年から新設されたコンペティション部門“Generation 14plus”に正式出品が決定した。もちろん日本映画界初の快挙。本作は昨年の年末、米国3大メジャーアート雑誌・ART FORUMにてニューヨーク近代美術館(MoMA)が選出する“2006年のもっとも優れた映画”に選出されており、日本映画のみならず、アニメーション映画ではまれに見る欧米制覇にあと一歩のところまで近づいた。

ブラピ×役所広司×菊地凛子共演『バベル』ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞 画像
スクープ

ブラピ×役所広司×菊地凛子共演『バベル』ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞

今回で64回を迎えたゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、最多の7部門にノミネートされていた『バベル』が見事、最優秀作品賞に輝いた。今回ゴールデン・グローブ賞を受賞したことで、現地時間23日にノミネート作品が発表されるアカデミー賞の獲得もより現実味を帯びてきたと言える。

世界配給に追い風『鉄コン筋クリート』MOMA ARTFORUM 2006 Best Film獲得 画像
スクープ

世界配給に追い風『鉄コン筋クリート』MOMA ARTFORUM 2006 Best Film獲得

ニューヨーク近代美術館(通称:MOMA)発行のARTFORUM誌2006年12月号にて、『鉄コン筋クリート』が“2006年のもっとも優れた映画”に選出された。これは日本映画、さらにアニメーション映画としても初の快挙となる。

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表 画像
スクープ

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表

第64回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが12月14日(現地時間)発表された。最優秀作品賞(ドラマ部門)に見事ノミネートを果たしたのは、『バベル』『ボビー』『ディパーテッド』『LITTLE CHILDREN (原題)』『クィーン』の5本。また最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル部門)には『BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN (原題)』『プラダを着た悪魔』『ドリームガールズ』『リトル・ミス・サンシャイン』『サンキュー・スモーキング』の5本が発表された。

おうちシネコンコラム vol.1 日本の“クロとシロ”、イギリスの“V”コミックヒーローが掲げる世界共通のメッセージ 画像
コラム

おうちシネコンコラム vol.1 日本の“クロとシロ”、イギリスの“V”コミックヒーローが掲げる世界共通のメッセージ

独裁国家となった近未来のイギリス社会を舞台に仮面を付けた謎の男“V”が、腐敗した政府から市民を解放する姿を描いた『Vフォー・ヴェンデッタ』は、イギリスのコミックが原作。それを『マトリックス』シリーズ(監督、脚本、製作総指揮)で一気にその名を知らしめたウォシャウスキー兄弟が脚本を手掛けたというのだから注目されるのは当然のこと。見たことのない映像を創り出した彼らがコミックの世界をどこまで膨らますことができるのか──未知の世界を観客は期待するのだ。例えば、国会議事堂と中央刑事裁判所は実際にミニチュアを制作、ビクトリア駅でのVの最後の闘いはスローモーションで撮影など、現代の技術あってこそ為し得る映像が隅々に張り巡らされている。また、カメラの前で実際に髪を剃り坊主になったナタリー・ポートマンの体当たり演技も注目を浴びた。そして、最大の面白さはやはりストーリー。国家の不正や情報操作を露わにする現代社会にも通じる思想や倫理の問題が描かれているからこそ面白い! Vのあの不気味な笑みの仮面に導かれ、いつの間にか政治とは? 国家とは? テロとは何かを真剣に考えさせられる不思議な魅力を持った作品なのである。

イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』初日2日間動員37万人、お正月映画No.1スタート 画像
スクープ

イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』初日2日間動員37万人、お正月映画No.1スタート

当初5日で落ちると言われた硫黄島の戦いを36日にも及ぶ死闘へと変貌させた日本軍の姿を描いた感動大作『硫黄島からの手紙』。12月9日(土)、世界に先駆けて全国400スクリーンにて封切られ、観客動員数が初日2日間で37万人、興行収入は4億9千万円を記録し、今年のお正月映画NO.1スタートをきった。

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 画像
スクープ

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

毎年アカデミー賞までの賞レースの先陣を斬って発表されるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が、ニューヨーク現地時間12月6日(水)に発表となった。ナショナル・ボード・オブ・レビューはニューヨークの映画専門家120人ほどの投票によって決められ、95年の歴史を誇る権威ある賞。

『硫黄島からの手紙』ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀作品賞受賞 画像
スクープ

『硫黄島からの手紙』ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀作品賞受賞

米アカデミー賞前哨戦の1つであるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞がニューヨーク現地時間12月6日(水)に発表となり、クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』が今年の最優秀作品賞に選定され、全編日本語(外国語)映画として初の快挙を達成した。さらに同監督作『父親たちの星条旗』はTOP10に選ばれ、“硫黄島2部作”が同時選定となった。

ワールドプレミア『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督、渡辺謙、伊原剛志、二宮和也、加瀬亮記者会見 画像
レポート

ワールドプレミア『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督、渡辺謙、伊原剛志、二宮和也、加瀬亮記者会見

歴史に残る“硫黄島の戦い”を日米双方の視点から描いた2部作の第2作となる、日本側からの視点から描かれた『硫黄島からの手紙』。本編世界初上映となるワールドプレミアのために来日したクリント・イーストウッド監督、脚本を担当したアイリス・ヤマシタ、製作のロバート・ローレンツを迎えての記者会見が都内で行われた。日本の俳優陣からは主演の渡辺謙、伊原剛志、二宮和也、加瀬亮が出席した。本作のための来日だけですでに今回で4度目となる監督。集大成とも言える本作への思いの丈を語った。

世界的大ヒットゲームの映画公開に注目! シネマカフェ10月NEWSアクセスランキングTOP5 画像
スクープ

世界的大ヒットゲームの映画公開に注目! シネマカフェ10月NEWSアクセスランキングTOP5

東京国際映画祭が開催され、連日メディアが映画の話題で賑わった10月。そんな中、NEWSアクセスランキング堂々1位を飾ったのは、世界で700万本以上の売り上げを誇るゲームソフトをもとにした映画『DOA/デッド・オア・アライブ』日本公開初日決定のニュース。月末25日のニュースにも関わらず、月間トップアクセスを記録し、注目の大きさを物語っている。

『父親たちの星条旗』ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェームズ・ブラッドリー来日記者会見 画像
レポート

『父親たちの星条旗』ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェームズ・ブラッドリー来日記者会見

アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、第二次世界大戦中の歴史的な戦いを日米双方の視点で描く『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』。10月20日(金)、翌日から開催される東京国際映画祭のオープニング上映作品『父親たちの星条旗』特別ゲストとして、主演のジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、そして原作者のジェームズ・ブラッドリーが来日し、記者会見を行った。

レッドカーペットに豪華スター勢揃い「第19回東京国際映画祭」開幕 画像
レポート

レッドカーペットに豪華スター勢揃い「第19回東京国際映画祭」開幕

10月21日(土)、今年で19回目を迎える東京国際映画祭が華やかに幕を開け、会場の六本木ヒルズ・けやき坂には200メートルのレッドカーペットが敷かれ、総勢286名の国内外を代表する監督や俳優がファンの前に姿を現した。

本編世界初上映『硫黄島からの手紙』日本武道館ワールドプレミア開催決定 画像
スクープ

本編世界初上映『硫黄島からの手紙』日本武道館ワールドプレミア開催決定

アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、硫黄島の戦いを日本側の視点から描いた『硫黄島からの手紙』のワールドプレミアが11月15日に日本武道館にて開催されることが決定した。本作は歴史的な硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた2部作のうちの1作で、アメリカ側の視点から描いた『父親たちの星条旗』に続いて12月9日より日本でも公開される。

12月9日公開決定『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督からメッセージ 画像
スクープ

12月9日公開決定『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督からメッセージ

アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、歴史に残る戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作として、アメリカ側の視点から描く『父親たちの星条旗』と、日本側の視点から描く『硫黄島からの手紙』が2作連続公開される。

『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督来日記者会見 画像
レポート

『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督来日記者会見

クリント・イーストウッドが監督する硫黄島2部作、『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』。記者会見には日本で始めて会見に出席するイーストウッド監督をはじめ、渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童が登壇し、2部作の全貌を明らかにした。

page top