『守護神』作品情報

2007年2月10日 公開の映画作品

あらすじ

沿岸警備隊・海難レスキュー員をめざすジェイク(アシュトン・カッチャー)の前に教官として現れた、伝説のレスキュー・スイマー、ベン・ランドール(ケヴィン・コスナー)。彼はこれまで数百人の命を救ってきたが、任務中に目の前で仲間を失い、心と身体に深い傷を負っていた。しかし、ランドールは絶望と闘いながらも、数々の奇跡を起こしてきた彼にしかできない方法で、若者たちに《人命救助》とは何かを教え込む。その姿にジェイクは、《天職》という十字架を背負う者の孤独、そして栄光を見るのだった。しかし父子のような絆で2人が結ばれた時、悪夢と化した氷海から、運命のSOSが届く…。その任務の過酷さは軍隊をも凌ぐと言われる、U.S. Coast Guard(アメリカ沿岸警備隊)を舞台に、どんな困難な状況下でも命を救い続けた伝説のレスキュー・スイマーの栄光と、その裏に秘められた孤独と葛藤を描いた感動作。

スタッフ

監督

アンドリュー・デイヴィス

キャスト

作品データ

  • 2007年2月10日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題THE GUARDIAN
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 Holding Pictures Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『守護神』関連記事

“柔道界の守護神”・吉田が新山千春の娘を柔の道に引きずり込む? 画像
レポート

“柔道界の守護神”・吉田が新山千春の娘を柔の道に引きずり込む?

時に神のごとき奇跡を起こし、時に為す術もなく命の喪失を目の当たりにする“無名の英雄”レスキュー・スイマー。その中でも軍隊をも凌ぐ過酷な訓練で知られる、アメリカ沿岸警備隊の伝説的スイマーと、彼に導かれる若き天才スイマーの心の絆、そして人命救助の使命を背負った彼らの苦悩と葛藤を描いた命のドラマ『守護神』。ケヴィン・コスナーとアシュトン・カッチャーの主演で贈る本作のDVDとブルーレイディスクの6月20日(水)の発売に先駆けて、6月14日(木)、柔道家の吉田秀彦とタレントの新山千春を迎えて発売記念イベントが行われた。

おうちシネコンコラム vol.3 大波に襲われた豪華客船と、救助に命を懸ける男たち 圧倒的映像で魅せる海洋パニック・ドラマ! 画像
コラム

おうちシネコンコラム vol.3 大波に襲われた豪華客船と、救助に命を懸ける男たち 圧倒的映像で魅せる海洋パニック・ドラマ!

豪華客船の沈没映画の代表作は…と聞かれて真っ先にジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』を思い浮かべる人は多いだろう。レオナルド・ディカプリオの出世作とあってその知名度はかなりのもの。しかし、その『タイタニック』に多大な影響を与えた映画があることをご存知だろうか。1972年に製作された『ポセイドン・アドベンチャー』──パニック映画の傑作と言われる作品だ。 その名作を34年振りにリメイクしたのが2006年に公開された『ポセイドン』。「災害の続く21世紀において、何の前ぶれもなく豪華客船を襲う悲劇を描いた『ポセイドン・アドベンチャー』をいい比喩として描きたいと思った」と、巨匠ウォルフガング・ペーターゼンがメガホンを取ったのだ。『エアフォース・ワン』、『トロイ』などハリウッド超大作を数多く手掛けるなかで本作は『U・ボート』、『パーフェクト ストーム』に続く3作目の海洋パニック映画となる。

理想の男性はケヴィン・コスナー『守護神』叶美香トークショー 画像
レポート

理想の男性はケヴィン・コスナー『守護神』叶美香トークショー

ケヴィン・コスナー主演最新作『守護神』の公開を2月10日(土)に控え、1月28日(日)スペースFS汐留にて、『守護神』&『愛と青春の旅だち』の2本立て特別試写会が行われた。両作品の上映幕間には叶美香が駆けつけ、理想の“熱い男性”をテーマにトークを繰り広げた。

ゴールデン・グローブ賞2部門ノミネート!『ボビー』2月24日公開初日決定 画像
スクープ

ゴールデン・グローブ賞2部門ノミネート!『ボビー』2月24日公開初日決定

ロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された夜を舞台に、LAアンバサダーホテルにいた22人の姿を豪華キャストで描いた『ボビー』の日本公開初日が2月24日(土)に決定した。

世界の映画館 vol.05 バリ 画像
コラム

世界の映画館 vol.05 バリ

海外旅行に行ったことがある人なら一度は免税店に行ったことがあるかと思う。しかし、僕は、この免税店というものが、未だによく分からない。税金を免除するというのはわかるのだが、それ自体が高いのか安いのかの判断に困ることがある。例えば同じようなお土産は税金を払ってでもスーパーで買った方が明らかに安い物が販売されていたりもする。

ケヴィン・コスナー完全復活『守護神』全米好スタート 画像
スクープ

ケヴィン・コスナー完全復活『守護神』全米好スタート

全世界が待望したケヴィン・コスナー復活作『守護神(原題:The Guardian)』が、9月29日(金)に全米3,241スクリーンで封切られ、オープニング3日間で興収1,766万ドルという順調な成績でスタートした。ケヴィン・コスナー主演作品としては1992年に公開された『ボディガード』(1,661万ドル)、1999年『メッセージ・イン・ア・ボトル 』(1,675万ドル)のオープニング3日間興収を凌ぐ成績で、久しぶりの主演作品に全米のマスコミの注目を集めている。

ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場 画像
レポート

ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場

全世界が待望したケヴィン・コスナーの復活作『守護神』のワールド・プレミア試写会が、全米公開(9月29日)に先駆け、現地時間8月7日(木)、アメリカ沿岸警備隊の本部があるワシントンンD.C.で行われた。会場となった、アップタウンシアターは、ワシントンD.C.では最も有名な映画館で、1936年に建てられ、今年で70周年を迎える。スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』(1968)のワールド・プレミアで使用されて以来2回目の開催となった。劇場の前には、100メートルを超えるレッドカーペットがひかれ、その沿道には、TV30台、スチール50人、海外10カ国を含む200人以上のマスコミが集まった。

日米を通して活躍したクローザー(守護神)佐々木主浩『守護神』ワールドプレミア正式招待 画像
スクープ

日米を通して活躍したクローザー(守護神)佐々木主浩『守護神』ワールドプレミア正式招待

全世界が待望したケヴィン・コスナーの復活作『守護神』の日本公開が2007年2月に決定した。9月29日の全米公開にさきがけて、ワシントンDCにてプレミア・チャリティ・イベントの開催が決定。当日は主演のケヴィン・コスナー、デミ・ムーアと15歳の年の差で結婚した事でも話題を呼んでいるアシュトン・カッチャー、セーラ・ワードなどのキャストのほか、沿岸警備隊のアレン司令官と100人ほどの沿岸警備隊がゲストとして登場、USの連邦議会のメンバー、監督のアンドリュー・デイビスの参加も予定されている。

page top