『どろろ』作品情報

2007年1月27日 公開の映画作品

あらすじ

遠い昔、いや未来かもしれないある国。終わりの見えない戦国の世を憂う武将・醍醐景光(中井貴一)は、戦乱の世を治める力を得るため自分の子の肉体の48箇所を48体の魔物に差し出す。こうして生まれた百鬼丸(妻夫木聡)は、医師・寿海(原田芳雄)に仮の体と護身のための妖刀を与えられ、見事な成長を遂げる。やがて、魔物を倒すごとに奪われた体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。ひょんなことで百鬼丸の存在を知ったコソ泥どろろ(柴咲コウ)は、百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、その旅を追いかけはじめる。こうして始まった2人の旅の先に、大きな闇が広がり始める…。映像化不可能といわれた手塚治虫の幻の傑作が、発表から40年の時を経てよみがえる。

スタッフ

監督

塩田明彦

キャスト

作品データ

  • 2007年1月27日より有楽座ほか全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「どろろ」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『どろろ』関連記事

「私はコンプレックスの塊です」キム・ギドク監督『絶対の愛』インタビュー 画像
インタビュー

「私はコンプレックスの塊です」キム・ギドク監督『絶対の愛』インタビュー

1996年に『鰐(原題)』でデビューしてから精力的に作品を作り続けているキム・ギドク監督。そのデビュー作は、そのあまりにも衝撃的な内容に「批評家が100人いたら、そのうちの2人だけが評価してくれる、というような映画でした」と自らデビュー作を振り返る。「その『鰐』以降、私が作る映画は危険な映画だという烙印を押されたような感じになっていました。その後、『悪い女 青い門』('98)、『魚と寝る女』('00)などを作ってからは完全に悪い監督と言われていました。『悪い男』('01)が公開される頃には、これ以上私の映画に関心を見せないという人がたくさんいました」

2007年前半、注目の日本映画 vol.1 日本映画絶好調 画像
コラム

2007年前半、注目の日本映画 vol.1 日本映画絶好調

先日、日本映画製作者連盟から発表された2006年の映画産業諸統計。驚かれた方も多いことでしょう。年内に日本で劇場公開された作品は全部で821本(内訳:邦画417本、洋画404本)でしたが、21年ぶりに、邦画全体の興行収入が洋画のそれを上回ったとのこと。ハリウッドの大作が幅をきかせていた時代が終焉を迎えたのか。それとも日本が絶好調なのか。はたまた、ハリウッドが絶不調なのか。きっと、いずれもが入り混じった結果なのでしょう。

page top