『ゲゲゲの鬼太郎 (2007)』作品情報

2007年4月28日 公開の映画作品

あらすじ

ゲゲゲの森で目玉の親父や仲間たちとのどかに暮らす鬼太郎(ウエンツ瑛士)のもとに届いた一通の手紙。それは恐るべき魔力を秘めた“妖怪石”をめぐり、人間界と妖怪界を大きく揺るがすことになる大事件の始まりだった。ひょんなことから石を手に入れたのは人間の姉弟。石を狙って襲いかかる妖怪から彼らを守った鬼太郎は、妖怪石を盗んだという濡れ衣を着せられ妖怪大法廷にかけられることに。満月の夜までに石を取り戻すことが出来なければ命はない! 善悪様々な妖怪を巻き込んでの史上最大の戦いが始まる。水木しげるの代表作をウエンツ瑛士主演で実写映画化した。

スタッフ

監督

本木克英

キャスト

作品データ

  • 2007年4月28日より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2007 ゲゲゲの鬼太郎フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ゲゲゲの鬼太郎 (2007)』関連記事

大泉洋、ねずみ男役を降板の危機? 「それなら僕は甘んじて引きを見よう(笑)」 画像
レポート

大泉洋、ねずみ男役を降板の危機? 「それなら僕は甘んじて引きを見よう(笑)」

昨年のGWに公開され大ヒットした『ゲゲゲの鬼太郎』。ウエンツ瑛士、田中麗奈、大泉洋、室井滋、間寛平らの“鬼太郎ファミリー”のみならず、ゲスト妖怪もパワーアップして『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』として帰ってきた。7月12日(土)の公開初日に、鬼太郎ファミリーに加え、佐野史郎、寺島しのぶ、北乃きい、そして本木克英監督が舞台挨拶を行った。

「1本ずつ様変わりしていくのは楽しいでしょ?」室井滋『ゲゲゲの鬼太郎』を語る 画像
インタビュー

「1本ずつ様変わりしていくのは楽しいでしょ?」室井滋『ゲゲゲの鬼太郎』を語る

妖怪マンガと言えば「ゲゲゲの鬼太郎」。昨年公開され、大ヒットを記録した実写版『ゲゲゲの鬼太郎』の続編『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が早くも公開される。前作に引き続き、鬼太郎の母親的存在とも言える“砂かけ婆”を演じた室井滋に話を聞いた。

日本の夏は『ゲゲゲ』! ウエンツに、ジソブに、緒形拳、そして大泉洋にも大歓声 画像
レポート

日本の夏は『ゲゲゲ』! ウエンツに、ジソブに、緒形拳、そして大泉洋にも大歓声

前作からおよそ1年、おなじみの仲間たちとともにあの男が帰ってきた! 水木しげるの人気漫画を原作にした人気シリーズ第2弾『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が遂に完成。7月1日(火)に完成披露試写会が行われた。上映前の舞台挨拶には、主演のウエンツ瑛士を始め、北乃きい、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋、ソ・ジソブ、上地雄輔、寺島しのぶ、佐野史郎、緒形拳に本木克英監督の総勢12名が登壇した。

再び“ゲゲゲ旋風”が巻き起こる!『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』7月公開! 画像
スクープ

再び“ゲゲゲ旋風”が巻き起こる!『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』7月公開!

昨年4月に公開され、興行収入23億円と大ヒットを記録した実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』。その待望の最新作『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が、7月12日(土)より公開されることが決定した。

ねずみ男は作品プロモーションを拒否!? 『ゲゲゲの鬼太郎』舞台挨拶 画像
レポート

ねずみ男は作品プロモーションを拒否!? 『ゲゲゲの鬼太郎』舞台挨拶

1965年より、コミック誌各誌に連載され、日本に妖怪ブームを巻き起こした「ゲゲゲの鬼太郎」。鬼太郎と目玉おやじを始めとする愉快な、時に邪悪な妖怪たちの奇想天外な物語はアニメ化もされ誕生から40年以上に渡り愛され続けてきた。その人気作品が満を持して映画化。4月17日(火)プレミア試写会が行われ、鬼太郎を演じたウエンツ瑛士を始め、田中麗奈、井上真央、間寛平、大泉洋、室井滋、本木克英監督が舞台挨拶を行った。

page top