『サラバンド』作品情報

2006年10月21日 公開の映画作品

あらすじ

かつて夫婦として生活を共にしたマリアン(リヴ・ウルマン)とヨハン(エルランド・ヨセフソン)は、離婚後30年ぶりに再会。一方、ヨハンの近くで暮らす彼の息子のヘンリック(ボリエ・アールステット)とその娘・カーリン(ユーリア・ダフヴェニウス)は、剥き出しの父娘愛の中で愛憎をたぎらせ、痛みと苦しみの感情を「サラバンド」(バッハの<無伴奏チェロ組曲第5番>)にぶつけていく…。北欧が生んだ世界的な名匠イングマール・ベルイマンが85歳にして、20年ぶりに映画に挑んだ傑作。1974年『ある結婚の風景』の続編。

スタッフ

監督

イングマール・ベルイマン

キャスト

作品データ

  • 2006年10月21日より渋谷ユーロスペースにて公開
  • 原題SARABAND
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©SVT 2006. All Rights Reserved
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top