『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』作品情報

2007年4月14日 公開の映画作品

あらすじ

1960年代、“ボク”(オダギリジョー)が3歳の頃。真夜中にオトン(小林薫)が玄関の戸を蹴破って帰ってきた。酔っぱらったオトンはボクにいきなり焼き鳥の串を食わせ、そして…オカン(樹木希林)にホウキで殴られた。故郷の小倉で3人が暮らした短くも幸せな日々の、それが最後の思い出だった。1970年代、中学3年になっていたボクは、寂れた町を出ていきたくなった。大分の美術高校に合格し、一人で下宿生活をすることになった春の日。駅まで見送りにきたオカンがボクに持たせたカバンには、新しい下着と弁当箱と、しわくちゃの一万円札を忍ばせた封筒が入れてあった。列車の中、オカンのおにぎりと漬け物を噛みしめて、15歳のボクは泣いた…。東京タワーの麓で眠りについた、ボクのオカンのちいさな話。母と子、父と子、友情、青春の屈託…いま語りにくく感じづらいことをまっすぐ、そしてリアルに描く。200万部を超えるリリー・フランキーの自伝的小説の映画化。

スタッフ

監督

松岡錠司

キャスト

作品データ

  • 2007年4月14日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「東京タワー 〜o.b.t.o」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』関連記事

家族の絆を紡ぐ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫初日舞台挨拶 画像
レポート

家族の絆を紡ぐ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫初日舞台挨拶

リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に、親と子、社会と個人、時代によって変わるものと変わらぬものの姿を、真っ正直に綴った自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。テレビのスペシャルドラマ化、連続ドラマ化を果たすなど、社会現象的ブームを巻き起こした本作がついに映画化を果たし、公開初日となった4月14日(土)、主演のオダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫、松岡錠司監督による舞台挨拶が行われた。

映画『しゃべれども しゃべれども』の原作者・佐藤多佳子が「本屋大賞」を受賞! 画像
スクープ

映画『しゃべれども しゃべれども』の原作者・佐藤多佳子が「本屋大賞」を受賞!

5月26日(土)より全国にて公開される映画『しゃべれども しゃべれども』の原作者・佐藤多佳子が、4月5日、最新著書「一瞬の風になれ」(講談社刊)で2007年第4回「本屋大賞」を受賞した。

ハンカチをお忘れなく!『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』レビュー 画像
コラム

ハンカチをお忘れなく!『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』レビュー

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』には泣かされっぱなしだ。原作を読んで泣き、テレビの特番で泣き、続く連ドラでも泣き、この映画でとどめを刺される。すでに知っているストーリーであるのに何故こんなに泣いてしまうのか──それは、リリー・フランキーのオカンが自分の母親に、そしてボクが自分自身として投影されるからに他ならない。随所で“母親の偉大さ”を感じ、いつの間にか樹木希林のオカンの顔が自分の母の顔にすり替えられ、涙が止まらなくなってしまうのだ。

人生の喜びや儚さ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、内田也哉子、小林薫 完成記者会見 画像
レポート

人生の喜びや儚さ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、内田也哉子、小林薫 完成記者会見

200万部を超える大ベストセラー、リリー・フランキーの亡き母への思いを綴った自伝小説を映画化した『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。1月31日、本作の完成記者会見が行われ、主演のオダギリジョー、内田也哉子、小林薫と監督の松岡錠司が詰めかけた報道陣を前に作品への思いを語った。

大友克洋監督待望の実写!オダギリジョー主演『蟲師』2007年3月公開決定 画像
スクープ

大友克洋監督待望の実写!オダギリジョー主演『蟲師』2007年3月公開決定

2006年講談社漫画賞を受賞、世代を超えて現在290万部の売上げを誇る人気コミック「蟲師」。女性漫画家・漆原友紀が繊細かつ緻密な筆致で描き上げた傑作が、ついに実写映画『蟲師』として完成、2007年3月に公開されることが決定した。

page top