『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』作品情報

2007年1月20日 公開の映画作品

あらすじ

1975年イギリスで鮮烈なデビューを飾ったロックバンド、ザ・バンバン。バンドを率いるトム(ハリー・トレッダウェイ)とバリー(ルーク・トレッダウェイ)は身体の一部がつながった結合体双生児。離れたくても離れられない宿命の2人は行き場の無い哀しみを疾走感溢れるロックへと昇華させた。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

キース・フルトン

監督

ルイス・ペペ

キャスト

作品データ

  • 2007年1月20日より渋谷シネマライズほか全国にて公開
  • 原題BROTHERS OF THE HEAD
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©1996-98 AccuSoft Inc., All right
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』関連記事

駆け抜けて消えていった、儚い生き様『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』レビュー 画像
コラム

駆け抜けて消えていった、儚い生き様『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』レビュー

イギリスロック界に現れた衝撃の結合性双生児バンド「ザ・バンバン」。結合体双生児トムとバリー=ひとつの胴体で繋がれた2人の映像は、話が進めば進むほどそれが当然のもののように見えてきて、繋がれている映像よりも、2人の生き方につい魅入ってしまう。で観終わってから、こんなかっこいいバンド、なんで今まで知らなかったんだろう…と悔やむ私。けれども、これはフィクションであって、実在のバンドではない。うっかり「こんなバンドいたの!?」と思ってしまうほどリアルに描かれている。

おうちシネコンコラム vol.2 イギリスが生んだ伝説のロックバンドの誕生と最後──華やかな世界の裏に隠された美しきミュージシャンたちの人生 画像
コラム

おうちシネコンコラム vol.2 イギリスが生んだ伝説のロックバンドの誕生と最後──華やかな世界の裏に隠された美しきミュージシャンたちの人生

ニルヴァーナ。衝撃的なサウンドと強烈なメッセージで時代の寵児となった、言わずと知れた伝説のロックバンドだが、1994年4月5日にカート・コバーン(ヴォーカル)が自ら命を絶ったことで幕を閉じた…。コバーンの死、そしてその少し前に親友であるリヴァー・フェニックスの死を経験していた監督ガス・ヴァン・サントは、彼らの死に大きな影響を受け、カート・コバーンへの追悼作品として『ラストデイズ』を製作した。『GERRY ジェリー』、『エレファント』に続く、ガス・ヴァン・サントの「人生の“最期”に対峙した3部作」の3作目となる本作には、時代の頂点を極めたロックアーティストが自ら命を絶つまでの最期の2日間──華やかな世界からは想像し難い孤独、絶望、不安、痛みが淡々と綴られている。

オリジナルTシャツが当たる!1月20日公開『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』ブログキャンペーン実施中 画像
スクープ

オリジナルTシャツが当たる!1月20日公開『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』ブログキャンペーン実施中

1975年イギリス、音楽シーンに衝撃的なデビューを飾ったロックバンド「ザ・バンバン」。結合性双生児トムとバリーの不気味なほど美しいルックスと、その狂気のパフォーマンスを描いた衝撃作品『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』がいよいよ1月20日、シネマライズほか全国にて公開される。

新たなロックンロール神話の誕生『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』1月20日公開初日決定 画像
スクープ

新たなロックンロール神話の誕生『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』1月20日公開初日決定

結合体双生児が率いるロックバンドの栄光と悲劇を描いた衝撃作『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』の日本公開初日が1月20日(土)に決定した。

ブロガー限定試写会に50組100名様ご招待!『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』ブログキャンペーン開催中 画像
スクープ

ブロガー限定試写会に50組100名様ご招待!『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』ブログキャンペーン開催中

新たなロックンロール神話の誕生! 時代をセンセーショナルに駆け抜けた結合体双生児を主人公にした映画『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』が2007年新春、シネマライズにて公開。映画公開を記念して、ブロガー限定試写会が合計50組100名様に当たるブログキャンペーンが開催中だ。

テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目 画像
レポート

テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目

佳境に突入した東京国際映画祭6日目。六本木ヒルズでは、1975年のイギリスでデビューを飾った結合体双生児ロックバンド、ザ・バンバンの栄光と悲劇を描いた『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』記者会見が行われ、初来日となるキース・フルトン&ルイス・ペペ監督が登壇。鬼才テリー・ギリアム監督もが惚れ込んだ両監督を一目見ようと多くのマスコミが集まった。更にこの日は初日のレッドカーペットで18人のベリーダンサーたちを引き連れた派手な演出で話題を呼んだ『TANNKA 短歌』のキャスト・スタッフも記者会見に勢揃い。先日は鮮やかなブルーのロングドレスで美しいスタイルを披露した黒谷友香が今回は大胆にスリットの開いたUngaro(ウンガロ)のピンクのドレスで登場。会場はなんとも艶やかなムードに包まれた。

page top