『Candy キャンディ (2006)』作品情報

2007年9月22日 公開の映画作品

あらすじ

綺麗でセクシーで自由奔放なキャンディ(アビー・コーニッシュ)は、無頼漢で向こう見ずなダン(ヒース・レジャー)と出会う。2人は深く愛し合い、誰も引き裂くことはできない。2人は経済的に一文無しだったが、お互いの存在を確かめ合うだけで生き延びていた。服用しているヘロインでさえ、2人の世界をさらに陶酔させるだけのものでしかなかった。やがて2人は結婚しキャンディは妊娠するが、ドラッグを買う金を作るため、彼女は売春婦を、ダンは銀行詐欺に手を染める。心配するキャンディの両親から逃れるようにシドニーからメルボルンへ移動した2人だが、生活苦とドラッグの禁断症状で、結婚生活は次第に崩壊していく。キャンディを本当に愛するのであれば、彼女と別れるのが最適なのではないかと考え始めるダンであった…。懸命に純粋に愛を育もうとするある若い恋人同士を描く、愛と再生の物 語。

スタッフ

監督

二ール・アームフィールド

キャスト

  • ヒース・レジャー
  • アビー・コーニッシュ
  • ジェフリー・ラッシュ

作品データ

  • 2007年9月22日よりシャンテ シネ、渋谷シネ・アミューズほかにて公開
  • 原題CANDY
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『Candy キャンディ (2006)』関連記事

ライアン・フィリップがうわさの彼女と初のツーショットで登場 画像
ゴシップ

ライアン・フィリップがうわさの彼女と初のツーショットで登場

ライアン・フィリップが、リース・ウィザースプーンとの離婚の原因と言われていた女優のアビー・コーニッシュと初めて一緒に公の場に姿を見せた。

寒い季節にはやっぱりラブストーリー! 思わず恋しちゃうDVDをたっぷり紹介 画像
スクープ

寒い季節にはやっぱりラブストーリー! 思わず恋しちゃうDVDをたっぷり紹介

ラブストーリーにアクション、ミステリー…一言に映画と言えど、そのジャンルは様々。たくさんある作品の中で、一体どれを選べばいいの? シネマカフェでは、そんな悩めるあなたにDVD選びのヒントを伝授。DVDメーカー宣伝担当者が、テーマに沿ってイチオシDVD作品を持ち寄り、その魅力を語る「DVD宣伝会議」である。

こんな男に気をつけろ! でも魅力的? 桜沢エリカが『Candy』だめんず恋愛指南 画像
レポート

こんな男に気をつけろ! でも魅力的? 桜沢エリカが『Candy』だめんず恋愛指南

互いを誰よりも大切に思いながらも、ドラッグとセックスに溺れていくカップルの愛と苦悩、そして自堕落な生活の果ての決断を描いた映画『Candy キャンディ』。本作の公開を記念して、9月29日(土)に公開劇場のシャンテ シネで行われたトークショーに、現代を生きる女性の日常や恋愛模様を描き、絶大な人気を誇る漫画家の桜沢エリカが登場。桜沢さんから次々と飛び出す率直な恋愛指南の言葉に会場は大きな盛り上がりを見せた。

衝撃的なテーマで愛の世界を描いた『Candy』のニール・アームフィールド監督 画像
インタビュー

衝撃的なテーマで愛の世界を描いた『Candy』のニール・アームフィールド監督

ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスを始め各地に招聘され、オーストラリアの世界的な演出家として知られるニール・アームフィールド監督の本格的な映画監督デビュー作が『Candy キャンディ』。25年以上のキャリアを持つ演出家の手掛ける作品にしては、とても純粋で若々しいエネルギーに満ちた作品であることに驚かされる。ドラッグをポップに描くのではなく詩的で繊細な描写、静寂に満ちたひとときと情熱的な瞬間の美しい輪舞が、本作をこれまでのドラッグ映画とはひと味異なるものに仕立てている。映画を作る面白さに目覚めたという監督に、本作について訊いた。

恋愛の先生・桜沢エリカがを恋の手ほどき『キャンディ』公開記念トークショー 画像
スクープ

恋愛の先生・桜沢エリカがを恋の手ほどき『キャンディ』公開記念トークショー

愛するがゆえに傷つけ合い、相手を想うがゆえに苦悩してしまう、そんな矛盾をはらみながらも、誰も立ち入ることの出来ない愛の楽園に生きる若い男女の恋愛を描く究極のラブストーリー『Candy キャンディ』。9月22日(土)に迫る本作の公開を記念して、人気女性漫画家の桜沢エリカによるトークショーが開催されることが決定した。

「ひねりの効いたラブストーリーが好き」『キャンディ』のヒース・レジャーが語る 画像
インタビュー

「ひねりの効いたラブストーリーが好き」『キャンディ』のヒース・レジャーが語る

ここ数年で、役者として本当に成長したと感じさせられることしきりのヒース・レジャー。『ブロークバック・マウンテン』に続く純愛シリアス・ドラマの『Candy キャンディ』では、最愛の恋人が売春で稼いだお金をドラッグにつぎこむ詩人くずれのジャンキーを、彼らしい繊細な魅力で共感を誘うキャラクターに作り上げ、切なくエモーショナルな物語にすることに貢献している。演じる側にとってはさぞ難しかったのではと思いきや、意外にそうでもなかったのだとか。その理由を、彼はフランクな口調でこう説明してくれた。 「一番の理由は、アクセントを気にせず演技に専念できたからだと思う。僕はオーストラリア人だから、普段はたとえ特別な時代や場所の話ではなくても、アメリカ英語のアクセントを気にかけているんだ。でもこの作品はオーストラリアを舞台にした現代の話だから、僕は普段話しているアクセントのままに演じることができた。それはとても大きかったよ」。

ヒース・レジャーと体当たりの熱演! “オーストラリアの新生”アビー・コーニッシュ 画像
インタビュー

ヒース・レジャーと体当たりの熱演! “オーストラリアの新生”アビー・コーニッシュ

愛する男性のことをもっと知りたい。同じ経験を分かち合い、彼の精神世界を理解したい。そんな情熱的な愛情を抱いたヒロインが、キャンディ。傍から見れば、「もっと自分を大事にすればいいのに」と思えるような愛の形でも、彼女にとっては至高の恋愛にほかならない。そんなひたむきな女性に扮しフレッシュな魅力を発散しているのが、オーストラリア出身の25才の新進女優、『Candy キャンディ』のアビー・コーニッシュだ。相手役のヒース・レジャーも絶賛するその演技力に加えて、眩しい金髪にあどけなさの残るマスク。それでいて、素顔はさばさばと飾らない魅力にあふれている。

page top