『ダニエラという女』作品情報

2006年12月9日 公開の映画作品

あらすじ

特技は愛されること――。誰もが目を奪われる絶世の美女、ダニエラ(モニカ・ベルッチ)は飾り窓の中で生きる女。平凡な男、フランソワ(ベルナール・カンパン)にとっては夢の女だ。フランソワは宝くじで大当たりし、そのお金が続く限り「僕と一緒に暮らして欲しい」という大胆な申し出をする。ダニエラとの交渉は成立、彼女は「優しくすると約束して」とだけささやき、彼の部屋に引っ越してきた。夢にまでみた幸せな日々。しかし心臓の悪いフランソワには、美しく妖艶すぎるダニエラは刺激が強すぎた…。第28回モスクワ国際映画祭監督賞受賞作。イタリアの宝石、モニカ・ベルッチのために作られた本作は、プッチーニを初めとしたイタリアンオペラがふんだんに使われ、フランスからのイタリアへのラブレターと呼べる作品に仕上がっている。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ベルトラン・ブリエ

キャスト

作品データ

  • 2006年12月9日よりシアター・イメージフォーラム、銀座シネパトスにて公開
  • 原題COMBIEN TU M'AIMES? / HOW MUCH DO YOU LOVE ME?
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006 Crest International Inc. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top