『ママの遺したラヴソング』作品情報

2007年4月7日 公開の映画作品

あらすじ

フロリダで怠惰に暮らすパーシー(スカーレット・ヨハンソン)のもとに届いた母の訃報。生まれ故郷のニューオーリンズに帰った彼女を待っていたのは見知らぬ2人の男たちだった。元文学部教授のボビー(ジョン・トラヴォルタ)と、彼を慕う作家志望の青年・ローソン(ガブリエル・マクト)。彼らは母の友人として家に住む権利を主張し、嫌々ながらもそこから3人の奇妙な共同生活が始まる。当初はいがみ合っていたパーシーとボビーの間にもいつしか絆が芽生え、これまで孤独を抱えながら生きてきたパーシーも、心に平穏を取り戻してゆく。そんなある日、パーシーは自分に宛てた母の手紙を発見する。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

シェイニー・ゲイベル

キャスト

作品データ

  • 2007年4月7日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
  • 原題A LOVE SONG FOR BOBBY LONG
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top