『こわれゆく世界の中で』作品情報

2007年4月21日 公開の映画作品

あらすじ

都市再生計画が進むロンドン、キングスクロス。若き建築家・ウィル(ジュード・ロウ)はその地区にオフィスを開き、都市再生の巨大プロジェクトを担っていた。私生活でも美しい恋人・リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の娘と3人で北ロンドンにある豊かな住宅地に暮らし、何不自由ない生活を送っている。しかしある問題から2人は結婚せず、互いに微妙な距離を置いて過ごしていた。ある夜、オフィスに泥棒が入り、窃盗団の一員である少年を追いかけたウィルは、少年の母親・アミラ(ジュリエット・ビノシュ)を見て心を奪われる。貧民街で仕立屋として働くアミラに会いたいがため、自分の正体を隠してまで足を運ぶウィル。会話を重ね、ついに2人は愛で結ばれる。しかし、運命は残酷なまでの真実を2人につきつける…。

スタッフ

監督

アンソニー・ミンゲラ

キャスト

作品データ

  • 2007年4月21日よりシャンテ シネ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
  • 原題BREAKING AND ENTERING
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©The Weinstein Company and Miramax Films. All Rights Reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『こわれゆく世界の中で』関連記事

『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニー・ミンゲラ監督が急逝 画像
ゴシップ

『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニー・ミンゲラ監督が急逝

アカデミー賞で9冠に輝いた『イングリッシュ・ペイシェント』や『リプリー』、『コールド マウンテン』などでオスカーの常連だったアンソニー・ミンゲラ監督が18日、ロンドンの病院で死去した。享年54歳。

ジュードが自身に一番近いキャラクターを演じた『こわれゆく世界の中で』レビュー 画像
コラム

ジュードが自身に一番近いキャラクターを演じた『こわれゆく世界の中で』レビュー

上質で大人の愛を鋭く描くことに長けたアンソニー・ミンゲラ監督は、これまでにも『イングリッシュ・ペイシェント』、『コールド マウンテン』という哀切で美しいラブストーリーを送り出してきた。今回、彼が『こわれゆく世界の中で』のテーマの中心に据えたのは“破壊”から生まれる“真実の愛”。近代都市に生まれ変わろうと破壊と再生が共存するロンドンの街を舞台に、ひとりの男とふたりの女の人生をリンクさせ、愛とは何かを描いていく。

「ロンドンの今を観察してほしい」ジュード・ロウ『こわれゆく世界の中で』インタビュー 画像
インタビュー

「ロンドンの今を観察してほしい」ジュード・ロウ『こわれゆく世界の中で』インタビュー

『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニー・ミンゲラ監督が15年間温めたオリジナル脚本で臨んだ最新作『こわれゆく世界の中で』。1人の男性と2人の対照的な女性の間で揺れ動く“真実の愛”と“偽りの愛”を描いた本作で、『コールド マウンテン』に続くミンゲラ監督とのタッグを組んだ主演のジュード・ロウに本作の見どころを聞いた。

ジュード・ロウ×ジュリエット・ビノシュ×ロビン・ライト・ペン共演『こわれゆく世界の中で』公開初日決定 画像
スクープ

ジュード・ロウ×ジュリエット・ビノシュ×ロビン・ライト・ペン共演『こわれゆく世界の中で』公開初日決定

恋人・リヴとその娘と何不自由ない暮らしを送る建築家のウィル。だが、愛し合いながらも2人はある事情から入籍はせず、微妙な距離を保ったまま生活を共にしている。ある日ウィルは、オフィスでの盗難事件をきっかけに、夫を亡くし息子と2人で貧民街で暮らす女性・アミラと知り合い、心を奪われる。正体を隠してアミラのもとに足を運ぶウィル。やがて2人は結ばれるが、運命は残酷すぎる真実を2人に突きつける…。

page top